人

人々に寄り添い、笑顔あふれる生活の実現に貢献します。

小学生自動車相談室

日本

三菱自動車工業(株)

小学生自動車相談室

自動車産業が日本の代表的な産業として、小学5年生の社会科の教科書に取り上げられ、お客様相談センターへの資料請求が急増したことを受け、1993年から毎年、自動車産業の学習が行われる夏から秋にかけ、「小学生自動車相談室」を開設。自動車産業に関する様々な質問を電話や手紙、メールで受け付けています。
小学生を対象とした専門の相談室の設置は、自動車業界でも当社だけのユニークな取り組みであり、毎年多くの児童や先生方にご利用頂いています。

「小学生自動車相談室」質問はこちら

こども向けパンフレット 「なぜ?なぜ?クルマづくり調査団」

日本

三菱自動車工業(株)

1993年に創刊。小学5年生の社会科「自動車産業」の学習に活用いただける、パンフレットを無料で配布しています。
クルマの開発から販売までの過程や工場の様子、電動車の仕組み、環境や安全への取り組みなどを写真やイラストで分かりやすく解説しています。
毎年多数のご請求をいただいている他、小学5年生以下のお子さまにもご覧いただけるよう、全ての漢字にふり仮名をつけています。

パンフレットの中身はこちら
パンフレットの請求(窓口:小学生自動車相談室)はこちら

※在庫がなくなり次第、配布を終了させて頂きます。

こども向けウェブサイト 「なぜ?なぜ?クルマづくり調査団」

日本

三菱自動車工業(株)

こども向けサイト

こども向けパンフレット「なぜ?なぜ?クルマづくり調査団」の内容をさらに詳しく動画やアニメーションなどで解説しています。“バーチャル工場見学”では、実際に撮影した当社工場の様子を動画で掲載。その他、自由研究のテーマやクルマにまつわるQ&A集、交通安全クイズなど6つのコンテンツをメインに、楽しみながら学ぶことができるウェブサイトです。小学5年生の社会科「自動車産業」の学習にご活用いただけます。

ウェブサイト「なぜ?なぜ?クルマづくり調査団」はこちら

体験授業プログラム

日本

三菱自動車工業(株)

グループ会社

体験授業プログラム

「本物の体験を通じて楽しく学ぶ」をコンセプトに、2005年から毎年、社員を小学校に派遣し、クルマと環境問題の関係性を学ぶ「環境編」、ものを創る楽しさやクルマに携わる仕事を学ぶ「デザイン編」、工場でのクルマづくりや働く人の工夫を学ぶ「ものづくり編」の授業を行っています。
2019年度は119校6,872人、2005年から累計約4万2,000人が受講しました。

【体験授業プログラム一時中止のお知らせ】

新型コロナウイルスの国内感染拡大を受け、体験授業プログラムの実施を当面の間中止させていただきます。

再開につきましては、当ホームページでお知らせいたします。

大変ご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございませんが、何卒諸事情ご理解いただきますようお願い申し上げます。

詳しくはこちら

中高生向けキャリア教育支援

日本

三菱自動車工業(株)

販売会社

企業訪問学習

次世代を担う子どもたちに将来について考え視野を広げて頂くために、中高生を対象にキャリア教育学習の受け入れを各事業所で行い、当社社員との対話等を通じて働くことへの理解を深める機会を提供しています。

【2020年度中高生向けキャリア教育支援について】

新型コロナウイルスの国内感染拡大を受け、中止させて頂いている内容がございます。

詳しくはこちら

キッザニア

日本

三菱自動車工業(株)

キッザニア

「キッザニア東京」「キッザニア甲子園」に協賛し、運転免許試験場やレンタカーなどのキッザニア内のパビリオンに出展しています。
子どもたちが自ら考え、行動することで、社会の仕組みの理解や協調性・積極性・コミュニケーション能力など生きる力を身につけるお手伝いをしています。

詳しくはこちら

社会体験アプリ「ごっこランド」

日本

三菱自動車工業(株)

社会体験アプリ「ごっこランド」

2019年4月26日より社会体験アプリ「ごっこランド」に協賛し、パビリオン「はしれ!!でんきじどうしゃ」と「じどうしゃこうじょうたいけん」を出店しています。子どもたちにガソリン・ディーゼル車と電気自動車やプラグインハイブリッド車の構造の違いや、電気が持つエネルギーソースの多様性という価値を楽しみながら学んでいただくことを目的としています。

【ごっこランド公式サイトはこちら】

キッズエンジニア

日本

三菱自動車工業(株)

自動車を中心とした様々な分野の科学技術やものづくりの楽しさを子どもたちに体験学習してもらう夏休みイベント「キッズエンジニア2019」(主催:公益社団法人自動車技術会)に出展しました。
三菱自動車ブースでは、「空気の抵抗」をクルマの模型を使って分かりやすく学べるワークショップを開催し、192組の親子に参加いただきました。
(「キッズエンジニア2020」の開催は新型コロナウイルス感染拡大・影響長期化の状況を鑑み中止)

学生フォーミュラチームへの支援

日本

三菱自動車工業(株)

学生フォーミュラチームへの支援

学生が自ら構想・設計・製作した車両により、ものづくりの総合力を競う「学生フォーミュラ日本大会」(主催:公益社団法人自動車技術会)への支援を行っています。
2019年度は社員14人がスタッフとして大会運営をサポートしました。
(「第18回学生フォーミュラ日本大会2020」の開催は新型コロナウイルスの拡大状況を鑑み中止)

販売店でワークショップ「エネルギー環境実験ラボ」開催

日本

販売会社

販売店でワークショップ「エネルギー環境実験ラボ」開催

「電動DRIVE STATION」の店舗ではエネルギーや環境をテーマにした子ども向けワークショップイベントを開催し、エネルギーや環境、電動車両への理解を深めていただくとともに、次世代を担う子どもたちの育成、地域コミュニティの構築に寄与する店舗として取り組んでいます。 2019年度は15回開催し、2017年からの累計は86回となりました。

詳しくはこちら

社員ボランティアによる劇団「くるま座」

社員ボランティアによる劇団「くるま座」

水島地区に勤務する有志で結成された劇団「くるま座」は、2019年7月で創立17周年を迎えました。
「笑顔と感動をプレゼントしたい」をモットーに老人保健施設を中心に芝居の公演を行っています。
2019年度は6公演、累計で106公演となりました。

障がい者の就労支援活動

日本

三菱自動車工業(株)

障がい者の就労支援活動

社会福祉法人を通じて地元自治体からの要請を受け、就労に向けての技術習得を目指す障がい者が製造した食料品(パン、クッキーなど)を事業所内で販売する日を設け、社員が購入しています。

チャイルド・スポンサーシップ

日本

三菱自動車工業(株)

グループ会社

チャイルド・スポンサーシップ
STEP募金

特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパンを通じ、開発途上国の子どもたちが元気に成長できるよう、地域の環境改善とニーズにあった貧困解決のための開発を支援しています。2019年度は社員有志からの募金に会社からのマッチングギフトを合わせ約530万円、2009年度から累計約1,910万円を寄付しました。

©World Vision Japan

子どもフォーラム(※)の図書室兼集会所建設を支援

日本

三菱自動車工業(株)

グループ会社

フィリピン:小学校の新校舎建設を支援
STEP募金

国際NGOワールド・ビジョン・ジャパンの協力を得て、インドネシア共和国北マルク州テルナテ市において、子どもフォーラムの図書室兼集会所の建設を支援しました。子どもフォーラム※の活動は、地域の変革の担い手となる好事例として認められたことにより、参加者が増え、活動が活性化されています。図書室および集会所が建設されたことにより、安定的に集会を行える場所の確保ができるようになりました。また、本支援を実施することにより、子どもたちの豊かな成長に資する多様な活動の場になることを期待しています。

※ワールド・ビジョンが推進・支援する子どもたちのコミュニティグループ。読み書きやライフスキルを学ぶほか、自分たちの学校や地域の課題を議論し、地域運営に活かすなどの社会参画活動を行う場。
©World Vision Japan

インドネシア職業訓練校支援

インドネシア

ミツビシ・モーターズ・クラマ・ユダ・インドネシア(MMKI)

ミツビシ・モーターズ・クラマ・ユダ・インドネシア(MMKI)は創業年度の2017年に職業訓練学校への支援プログラムを開始しました。2019年度には、本プログラムを西ジャワ州にある10の職業訓練校で実施し、 累計1,508人の学生が参加しました。

インドネシア “One day parents”活動

インドネシア

ミツビシ・モーターズ・クラマ・ユダ・セールス・インドネシア(MMKSI)

インドネシア “One day parents”活動

ミツビシ・モーターズ・クラマ・ユダ・セールス・インドネシア(以下MMKSI)では、孤児への寄付とともに、社員がその日一日、里親となって孤児たちと触れ合う活動「Mitsubishi Children Program(MCP)」を実施しています。
2019年6月、 西ジャワ州でMCPを実施し、MMKSIオフィス周辺にある3つの孤児院から5~10歳の孤児約100人を招待。社員のほか、経営陣もボランティアスタッフとして参加し、里親として子どもたちと触れ合いました。