ページの先頭です

実は高校まで整備士に憧れていました。でも、あまりに不器用で両親からもやめておきなさいと言われる始末でした(笑)。そこで、もっと自分の視野を広げる意味でも大学では経済学部に進みました。ただ、父親が同じ自動車関係の仕事をしていたので、就職活動は自動車業界一本にしぼっていました。父は他メーカーに勤めているのですが、私はもともとパジェロが大好きで、働くなら三菱自動車が一番だと考えていました。その念願が叶って、今ここにいます。
お客様からの信頼を得ることが、販売会社の僕らの役目だと思っています。そこに特効薬のようなものはありません。記憶に残る出来事といえば、あるお客様に新車を納めた直後に、部品の不具合が見つかり、急いで部品交換をさせていただいたことがあります。たった1回のマイナスイメージがお客様に根付いてしまわないよう、お客様の不安が消えるまで何度もご自宅へ通い続けました。そのクルマは旦那さんが、奥様用に買われたクルマで、「もし事故でもおきたらどうしてくれるんだ」とお叱りも受けました。もっともなことです。私は誠意を見せ続けるしかありませんでした。そんな時期がしばらく続いたのですが、ある日お客様にこう言われたのです。「謝るのはもういいよ。もう安心したから全部君に任せる」と。そのお客様とはそれから深いおつきあいが始まりました。今では奥様からも「次に夫のクルマを乗り換えるときには、ぜひ田中さんから買いたい!」とありがたいお言葉をいただけるようになりました。
どんな仕事でも同じですが、お客様に迷惑をかけてしまった時に、どれだけ挽回できるかが大切なのではないでしょうか。私は器用ではありません。だからこそ、正面からお客様と向き合うことで、ひとりでも多く三菱自動車のファンを増やしていきたいと考えています。

三菱ユーザーにはアウトドアが好きな方が多いので、趣味の話はトークの武器になりますね。ゴルフ・スノボ・キャンプ・山登り・マリンスポーツなど、話のネタは多岐にわたります。今年はあそこのスキー場の雪の状態はどうですかとか、そういった話で盛り上がります。実際に、店舗の展示会の際にはキャンプ場でのアウトランダーPHEVの便利さを体験できるような企画もありましたし、多趣味な人は営業がしやすいかもしれません。
つい最近なのですが、私も先輩に教えられてゴルフを始めました。クラブも先輩が一緒に買いにいってくれて、見立ててもらいました。今の店舗には私を含めて4人のゴルフ好きがいるので、クルマ1台で一緒にいけるんです。私の運転するクルマで出かけ、いつも同じメンバーでコースを回っています。

首都圏地区 2012年入社

営業スタッフ

田中智之さん

(c) Mitsubishi Motors Corporation. All rights reserved.