ページの先頭です

岩手の冬は厳しく、雪もたくさん積もるので四輪駆動車の需要がとても高いのが特徴です。首都圏とちがって地下鉄やバスで行ける範囲で、すべての用事が済むことがないので、ほとんどの家庭で、1人1台のクルマを持っています。だからこそ、クルマ選びが人々の生活スタイルに大きく関わってきます。お客様を訪問する際にも、片道30分以上かかることも多いです。道も真っ直ぐですから、岩手の30分はかなりの距離になります。でも、逆を言えば、お客様も同じ距離を走って遠方から来店してくださっているということです。それなのに「近くまで来たついでだから」とふらっと店に寄ってくださる方が多いことに、岩手に住む人の気さくで温かい県民性を感じます。
私は教師を目指していたのですが、当時は県内で数人しか採用枠がない状況で、就職先としてはあまり現実味がありませんでした。接客も好きでしたので、旅行会社なども受けましたが、自分にぴったりだと思える企業がなくて迷っていました。そんな時に三菱から会社見学のお誘いを受けたのです。人事担当の方の丁寧なお話を聞き、ここなら自分に合っているのではないかと思い、進路の大きな方向転換をして、入社を決めたのです。とはいえ、クルマのことはほとんど分からないまま入社したので、新人の頃は辛いこともありました。毎回、先輩が同行できるわけではなくて、長い距離を1人で運転もしました。そんな時に優しい声をかけてくださるお客様がいたことで今まで続けてこられたのだと思います。人は嫌なことのほうが記憶に残りやすいですよね。それが重なると仕事が辛くなってしまいます。だから私はお客様に会って、話して嬉しくなった時のポジティブな気持ちを大事にしていこうと決めました。そうすると気持ちがとても楽になりますし、ハッピーな気持ちになる。お客様もそういう営業からクルマを買いたいと思います。今は自分の選んだ道に誇りと幸せな気持ちを持って、毎日働いています。

毎週火曜日が定休日、そのほかに個人休があります。地元が近く、友だちも近くに住んでいるので、連休があれば休みの合う友だちとはよくご飯を食べにいきます。こういう友人関係がずっと続くのは、地元で働くことのいいところだと思いますね。今、個人的にはまっているのは、少し山手にある「まつぼっくり」という自家製手作りジェラート屋さん。結構通っています(笑)。
新人の頃はバレーボールをやっていて、毎週火曜・木曜はママさんバレーにもまぜてもらっていたんですけど、今はもう体がついていかないのでお休み中。オフの楽しみは、ショッピングモールでのお買い物です。あとは、たまった家事をささっと済ませて、来週に向けて気持ちを切り替えます。東北は寒いですけど、そのぶん冬の面白いイベントもたくさんあります。2月にある雪祭りでは、盛大な花火も上がるので毎年楽しみにしています。

東北地区 2007年入社

営業スタッフ

池野幸枝

(c) Mitsubishi Motors Corporation. All rights reserved.