2020年08月20日

商品

軽ハイトワゴン『eKクロス』『eKワゴン』を一部改良
~予防安全技術「e-Assist」、高速道路同一車線運転支援技術「マイパイロット(MI-PILOT)」の機能向上~

三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役CEO:加藤 隆雄、以下三菱自動車)は、軽ハイトワゴン『eKクロス』『eKワゴン』に、予防安全技術「e-Assist」や高速道路同一車線運転支援技術「マイパイロット(MI-PILOT)」の機能向上など、安全性・快適性を向上させる一部改良を施し、8月20日(木)から全国の系列販売会社で販売を開始します。メーカー希望小売価格は、1,325,500円~1,820,500円(消費税10%込)。
 

  • eKクロス「T」
     

  • eKワゴン「G」
     
 
1. 変更のポイント
(1)予防安全技術「e-Assist」の4つの機能追加と、夜間の検知性能アップによるアクティブセーフティの向上
(2)運転席SRSニーエアバッグや、リヤシートベルトのプリテンショナー機構及び非着用ウォーニング着座センサーの追加設定によるパッシブセーフティのさらなる向上
(3)高速道路同一車線運転支援技術「マイパイロット」の機能向上と、ヒルディセントコントロール[HDC*1]採用によるドライバーの負担軽減
 
『eKクロス』『eKワゴン』は、2020年次「RJCカーオブザイヤー」、2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤー「スモールモビリティ部門賞」を受賞、軽自動車を超えた走りと快適性、先進安全性能などが高く評価されました。また令和元年度自動車アセスメント(JNCAP*2においても、予防安全性能評価の最高評価となる「ASV+++」と、衝突安全性能評価の最高評価となる5★(ファイブスター)を獲得し、高い安全性能が評価されました。今回の一部改良では安全性能をさらに向上させ、ドライバーの負担をより軽減することで、乗る人すべてに安心・安全を提供します。
*1   HDC:Hill Descent Control
*2   国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)によって行われる自動車アセスメント(Japan New Car Assessment Program)の略称。
 
2. 主な変更点
(1)アクティブセーフティ
  • 安心・安全な運転をサポートする予防安全技術「e-Assist」に、4つの機能を追加しました。
①  標識検知機能[TSR*3
車両進入禁止標識、最高速度標識、一時停止標識を検知し、警報ブザー(車両進入禁止標識のみ)とインフォメーション画面表示でドライバーに注意を促し、標識の見逃しを予防します。
②  前方衝突予測警報[PFCW*4
2台前を走る車両をミリ波レーダーでモニターし、急な減速など自車からは見えにくい前方の状況変化を検知します。減速が必要と判断した場合には、警報ブザーとインフォメーション画面表示でドライバーに注意を促し、ブレーキの踏み遅れによる追突事故の回避をアシストします。
③  先行車発進通知[LCDN*5
信号待ちなどで停車中に、先行車が発進しても自車が停止し続けた場合、警報ブザーとインフォメーション画面表示で、ドライバーに先行車の発進を通知します。
④  ふらつき警報[DAA*6
走行中、ドライバーのハンドル操作から注意力が低下していると判断した場合には、警報ブザーとインフォメーション画面表示によりドライバーに休憩を促します。
  • ミリ波レーダーを追加し、衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM*7]の夜間の検知性能を向上させました。
 
(2)パッシブセーフティ
  • ドライバーの下肢部にかかる衝撃を緩和する運転席SRSニーエアバッグと、リヤシートベルトのプリテンショナー機構及び非着用ウォーニング着座センサーを設定し、安全性を向上させました(『eKクロス』に標準装備、『eKワゴン』にメーカーオプション設定)。
 
(3)その他機能装備
  • ミリ波レーダーの追加により、高速道路同一車線運転支援技術「マイパイロット」の機能を向上、ドライバーの負担をさらに軽減します。
①  追越し時の加速機能追加
追越し時、ウインカーを出すと設定速度内で加速し、先行車との車間距離を若干詰めることで、スムーズな追越しをアシストします。
②  ワイパー作動時の機能向上
ワイパー低速作動時の車線維持支援機能[LKA*8]と、ワイパー高速作動時のアダプティブクルーズコントロール[ACC*9]の利用を可能としました。
  • ヒルディセントコントロール[HDC]を新たに採用しました。急な坂道を下る際、低車速を維持することで、安心して走行することができます(『eKクロス』に標準装備)。
  • ヘッドライトのスイッチからOFFポジションを廃止し、ヘッドライトのつけ忘れを防止することで、安全運転に寄与します。
  • センターパネル部に充電用USBポートを新たに採用し、利便性を向上させました。
 
(4)ボディカラー
  • 『eKクロス』のボディカラーに、サファイアブルーメタリックと、サファイアブルーメタリック/スターリングシルバーメタリック(有料色*10)を新たに設定し、モノトーン6色、2トーン5通りのラインアップとしました。
 
*3   TSR:Traffic Sign Recognition
*4   PFCW:Predictive Forward Collision Warning
*5   LCDN:Leading Car Departure Notification
*6   DAA: Driver Attention Alert
*7   FCM:Forward Collision Mitigation system
*8   LKA:Lane Keep Assist
*9   ACC:Adaptive Cruise Control
*10 有料色 60,500円(消費税10%込)
 
3.メーカー希望小売価格
(消費税10%込、リサイクル料金、保険料、消費税を除く税金、登録等に伴う費用は含まれません)
車種
グレード
エンジン
変速機
駆動方式
車両本体価格
eKクロス
M
DOHC 12バルブ
3気筒
(ハイブリッド)
CVT
2WD
1,463,000円
4WD
1,595,000円
G
2WD
1,606,000円
4WD
1,738,000円
T
DOHC 12バルブ
3気筒
インタークーラー付
ターボチャージャー
(ハイブリッド)
2WD
1,688,500円
4WD
1,820,500円
eKワゴン
M
DOHC 12バルブ
3気筒
2WD
1,325,500円
4WD
1,457,500円
G
2WD
1,408,000円
4WD
1,540,000円
 
<『eKクロス』の車種サイトはこちら>
<『eKワゴン』の車種サイトはこちら>
<『eKクロス』『eKワゴン』のスペシャルサイトはこちら>