2020年05月27日

商品

軽ハイトワゴン『eKクロス』『eKワゴン』が令和元年度自動車アセスメント(JNCAP)において最高ランクとなる評価を獲得

三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役CEO:加藤 隆雄、以下三菱自動車)が2019年に発売した軽ハイトワゴン『eKクロス』『eKワゴン』は、日本における自動車の安全性能を試験・評価する令和元年度自動車アセスメント(以下JNCAP*1)において、予防安全性能評価の最高評価となる「ASV+++」と、衝突安全性能評価の最高評価となる5★(ファイブスター)を獲得しました。当社は、交通事故以外の事故も含めた自動車が関わる全ての「事故ゼロのクルマ社会の実現」を製品開発における安全理念のビジョンとし、今後も事故低減技術の開発・実用化を進めていきます。
 

  • eKクロス

  • eKワゴン
 
1.予防安全性能評価
『eKクロス』『eKワゴン』は、車線を外れそうになると警報ブザーとインフォメーション画面表示で注意を促す車線逸脱警報システム[LDW*2]と、車両を車線内に戻す操作をアシストする車線逸脱防止支援機能[LDP*3]を採用。またシフトやペダルの操作ミスによる急発進を抑制する踏み間違い衝突防止アシストや、運転席からでは視認しにくい周囲の状況を映し出し、駐車時の安全確認をサポートするマルチアラウンドモニター*4を装備し、車線逸脱抑制装置等試験、ペダル踏み間違い時加速抑制装置試験、後方視界情報提供装置試験の3つの試験項目で満点を獲得しました。加えて、歩行者を検知する衝突被害軽減ブレーキ[FCM*5]や、先行車や対向車、道路周辺の明るさを検知してハイビームとロービームを切り替えるオートマチックハイビーム[AHB*6]も採用し、高い予防安全性能を確保することで、より安心・安全な運転をサポートしています。
 
2.衝突安全性能評価
『eKクロス』『eKワゴン』は、衝突エネルギーを吸収するフロントボディ構造と高剛性キャビン構造を組み合わせた衝突安全強化ボディ「RISE(ライズ)」に加え、すべての乗員の保護性能を高める6つのSRSエアバッグを採用することで、高い衝突安全性能を実現しています。また、ボンネットフードなどに歩行者の頭部を保護する衝撃吸収構造を採用し、さらにバンパー内部に歩行者脚部の傷害を低減する構造を取り入れ、高い歩行者保護性能も確保しています。
 
3.評価結果
<予防安全性能評価>
衝突被害軽減制動制御装置[対車両]
32点中32.0点
衝突被害軽減制動制御装置[対歩行者]
昼間
25点中25.0点
夜間:街灯あり
40点中35.2点
夜間:街灯なし
15点中14.4点
車線逸脱抑制装置等
16点中16.0点
後方視界情報提供装置
6点中6.0点
高機能前照灯
5点中1.4点
ペダル踏み間違い時加速抑制装置
2点中2.0点
合計
141点中132.0点
 
<衝突安全性能評価>
乗員保護性能
59点中53.07点
歩行者保護性能
37点中30.50点
シートベルト着用警報
4点中3.00点
合計
100点中86.5点
 
*1…国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)によって行われる自動車アセスメント
(Japan New Car Assessment Program)の略称。
*2…Lane Departure Warning
*3…Lane Departure Prevention
*4…一部グレードにメーカーオプション設定
*5…Forward Collision Mitigation system
*6…Automatic High Beam
 
<『eKクロス』車種サイトはこちら >
<『eKワゴン』車種サイトはこちら >