STEP to the future

社会貢献活動レポート

首都ジャカルタの公共エリアにハンドウォッシュステーション設置やマスク、食品を寄付[インドネシア]

地域社会 人

@インドネシア
三菱自動車工業株式会社 総務渉外部 地域・社会貢献推進室 木下


 

2020月9月、インドネシアの販売会社であるミツビシ・モーターズ・クラマ・ユダ・セールス・インドネシア(MMKSI)は、新型コロナウイルス感染症対策への支援として、首都ジャカルタの病院や市場、公園等の公共エリア10か所にポータブルハンドウォッシュステーションを設置しました。また、孤児院や新型コロナウイルス感染拡大により影響を受けている人々へマスク計5000枚と生活をする上で最低限必要な米、食用油、缶詰食品など食品計100セットを寄付しました。

 

ポータブルハンドウォッシュステーションは足元に設置されたペダル操作で手を洗う事ができます。

マスクは、布仕様のものやアンチバクテリア仕様のものを寄付しました。

 

MMKSIは、長期化するコロナ禍を人々の手洗いやマスク着用への意識が一層高まることで乗り切ることを願っています。

 

■ポータブルハンドウォッシュステーション設置場所

  • RSUP Fatmawati
  • RS Pasar Rebo
  • RSUD Tarakan
  • Pasar Tomang Barat
  • Puskesmas Kembangan
  • Pasar Baru
  • Taman Jogging
  • Pasar Onderdil
  • RSU Kebayoran Lama
  • Pasar Cinere

 

■マスク、食品の寄付先

  • COVID-19 National Task Force
  • Faculty of Medicine University of Indonesia & RSCM
  • Daris Foundation
  • Panti Yatim Indonesia
  • Pesantren Al Munawaroh
  • Yayasan Wahid Hasyim An-Nahdiyyah

 

■その他の「新型コロナウイルス感染症対策への支援」サイト

https://www.mitsubishi-motors.com/jp/sustainability/contribution/society/relief/