株式会社八十二銀行との協業について、地方銀行とのカーボンニュートラル社会実現に向けた協業

2023年09月13日
企業情報
facebook
X
line

本ニュースリリースページで提供されるすべての画像等の情報は、報道用または非営利目的でのみ使用いただけます。
商業目的(宣伝、マーケティング、商品化を含む)での使用はできません。
リリースやお知らせに記載しているリンク先は、予告なく閉鎖される場合がありますので、予めご了承ください。

三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長兼最高経営責任者:加藤隆雄、以下「当社」)は、株式会社八十二銀行(本店:長野県長野市、代表取締役頭取 頭取執行役員:松下正樹氏、以下「八十二銀行」)と、カーボンニュートラル社会の実現に向けた協業を開始いたしました。

『eKクロスEV』(軽乗用)、『ミニキャブ・ミーブ』(軽商用)という軽電気自動車ラインナップを有する当社を、八十二銀行の顧客基盤・ネットワークを活用して、長野県を中心としたお客様に広くご紹介頂きます。

昨今、カーボンニュートラル社会の実現に向け、世界的な気候変動問題への対応が急務となる中、企業を中心に温室効果ガス(Greenhouse Gas、以下「GHG」)排出量の削減等が喫緊の課題となっております。

当社は2009年6月に世界初の量産電気自動車として『アイ・ミーブ』を発売して以来、電動化技術をリードしてまいりましたが、今般、八十二銀行との本提携を通じ、GHG排出量削減に向けた企業の取り組みをより一層支援してまいります。

八十二銀行:代表取締役頭取 頭取執行役員 松下正樹氏(右)
三菱自動車工業:代表執行役社長 兼 最高経営責任者 加藤隆雄(左)

【本協業の概要】

八十二銀行から当社に対する、カーボンニュートラル社会の実現に向けた取組みを実践または検討している八十二銀行顧客の紹介。協業に関する契約は本年6月末に締結済で、地方銀行としては2例目となります。

facebook
X
line