2020年10月28日

企業

三菱自動車、マレーシアで『エクスパンダー』の生産開始

三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役CEO:加藤 隆雄、以下三菱自動車)はクロスオーバーMPV『エクスパンダー』の現地生産をマレーシアで開始しました。三菱自動車が『エクスパンダー』の生産を行うのは、インドネシア共和国、ベトナム社会主義共和国に次いで3ヶ国目となります。
 
『エクスパンダー』は、マレーシアにおける車両組立委託先であるHicom Automotive Manufacturers Malaysia Sdn. Bhd.で生産され、同国の総販売代理店Mitsubishi Motors Malaysia Sdn. Bhd.の販売網を通じて今年11月から販売する予定です。
 
『エクスパンダー』は、近未来的なスタイリングと快適な乗り心地、高い走行性能で好評をいただいており、2017年にインドネシアで販売開始以来、大きな成功を収めており、『エクスパンダー クロス』を含むシリーズ合計で、2020年9月末までの販売台数は約27万台に達しています。
 
当社CEOの加藤隆雄は生産開始にあたり、「メイドインマレーシアの『エクスパンダー』をマレーシアのお客様にお届けできることを大変嬉しく思います。『エクスパンダー』のマザー工場であるインドネシア工場からは、これまでの完成車輸出に加え、マレーシアでの現地生産に伴う組立部品の輸出が増える計画です。三菱自動車は生産・輸出事業の拡大を通じ、各国の経済の発展に貢献していきます」と述べました。
 

三菱自動車は本年7月に公表した2022年度までの新中期経営計画「Small but Beautiful」において、アセアンを当社の成長をけん引する重要地域と位置付けています。今回のマレーシアにおける現地生産・販売はパートナーである三菱商事との事業強化の一つであり、今後もアセアンでさらなる成長を目指します。