ページの先頭です

ホーム > ニュース・イベント > プレスリリース > 新車

新車



2009年06月05日
三菱自動車、新世代電気自動車『i-MiEV』を市場投入
~2009年7月下旬より法人・官公庁・自治体を中心にデリバリー開始~
~個人向け本格販売は2010年4月より開始~
三菱自動車は、世界環境デーとなる本日6月5日(金)、"クルマ社会の、次の100年の扉を開くパイオニア"として、量産型の新世代電気自動車『i-MiEV*1(アイ・ミーブ)』*2を公表し、本年7月下旬より国内市場に投入する。

『i-MiEV』は、三菱自動車における約40年の電気自動車技術の集大成であり、環境汚染、地球温暖化、石油エネルギーの枯渇など、自動車が直面する課題に対応する究極の環境対応車として市場投入するものであり、今後、国内・海外の様々な企業・行政とも幅広く協力しながら、電気自動車の普及を推進していく。

2009年度の販売台数は、法人ユーザーや自治体等を中心に約1,400台を見込み、メンテナンスリース*3を基本に販売する。一方、個人向け本格販売については2010年4月より開始する計画で、2009年7月下旬より受付を開始する予定である。
*1   MiEV : Mitsubishi innovative Electric Vehicle
*2   i-MiEV :市販化にあたり、車名表記を従来の『i MiEV(アイ ミーブ)』から、ハイフン付きの『i-MiEV(アイ・ミーブ)』に変更
*3   メンテナンスリース :車両費用に加え、税金、保険費用、整備費用の一部などの車両維持管理費が含まれるリース
 
 

『i-MiEV』

 
『i-MiEV』商品概要

 

『i-MiEV』は、リヤ・ミッドシップレイアウトの『i(アイ)』の特長であるロングホイールベースを生かし、大容量の駆動用バッテリーを床下に、パワーユニットをラゲッジルーム下に搭載。これにより、日常での使用に充分な航続距離の確保と、ベース車と同一の居住スペースやラゲッジスペースを両立した。

また、長年の電気自動車に対する研究開発から得られたノウハウを注ぎ込んだ、高度な車両統合制御技術「MiEV OS(MiEV Operating System)」*4を導入することで、新世代の電気自動車にふさわしい高性能・信頼性を実現した。
*4   三菱自動車が独自に開発した、新世代電気自動車用の統合制御技術の総称

 

1. 主な商品特長
(1) 走行中のCO2排出ゼロ
走行中、CO2を含めた排出ガスを全く発生しない"ゼロエミッション車"である。
(発電時のCO2排出を含めても、『i』の約1/3のCO2排出量:日本の平均的な電力構成をもとに三菱自動車が試算)
(2) 100%電気で走る
電気だけで走行するため、経済的であり、さらに、電力会社が提供する料金プランによっては、夜間の充電により、さらに電気代を抑えることも可能*5となる。
*5   夜間料金の適用には別途電力会社への申し込みが必要
(3) 静かでキビキビ、快適な走り
エンジンを搭載しない電気自動車ならではの静粛性と快適な走りを実現。また、応答性に優れ、低速から高いトルクを発生する電気モーターの特性を生かし、『i』のターボエンジン搭載車を上回る、レスポンスの良い力強い走りを可能とする。
(4) 日常ユースに十分な走行距離
一充電走行距離は10・15モードで160km*6。日常ユースに十分対応できる走行距離を確保*7した。
*6   実際の航続距離は、お客様の使用環境(気象、渋滞など)や、運転方法(急発進、エアコン使用など)に応じて値は異なる。
*7   全国のドライバーアンケート調査の結果、1日の平均走行距離は、平日では約90%の方 が40km未満、休日では約80%の方が60km未満となっている。(三菱自動車調べ)
(5) 3つの充電方法
自宅でも外出先でも充電できる3WAY充電システムを採用。AC200VおよびAC100V の一般用コンセントから手軽に充電ができる普通充電(標準装備の充電ケーブルを使用)と、今後各所で設置が進む急速充電器での急速充電にも対応した。
■充電時間の目安*8
充電方式 電源 充電時間
普通充電** AC200V(15A) 約7時間(満充電)
AC100V(15A) 約14時間(満充電)
急速充電 三相200V50kW
(急速充電器側の電源)
約30分(80%)
*8   充電時間は目安であり、気温や電源の状態により、充電時間が異なる場合がある。
**   普通充電に用いる普通充電ガンと普通充電コネクターは、トヨタ自動車株式会社と矢崎総業株式会社の共同開発品です。

 

2. 先進の技術
(1) 主要コンポーネント
a. 駆動用バッテリー
リチウムエナジー ジャパン*9製の、エネルギー密度の極めて高いリチウムイオン電池を搭載。計88個の電池セルを直列に接続した、大容量の駆動用バッテリーを車体床下中央に配置。低重心化による優れた操縦安定性も実現した。
*9   GSユアサ、三菱商事、三菱自動車の3社にて、大容量かつ高性能な電気自動車用リチウムイオン電池を製造する合弁会社「リチウムエナジー ジャパン」を、2007年12月12日に設立
b. モーター(パワーユニット)
小型・軽量・高効率な永久磁石式同期型モーターを専用開発。発進時から最大トルクを発生し、軽快でトルクフルな走りを実現した。減速時には、回生ブレーキ機能により、モーターを発電機として働かせることで、回収した電気を駆動用バッテリーに充電する。
c. トランスミッション
複雑な変速機構を必要としないモーター特性を生かし、変速を1段に固定した軽量・小型のトランスミッションを採用した。
d. 車載充電器
家庭用AC200V/ AC100Vでの充電を可能にする小型・軽量の車載充電器を採用した。
e. DC/DCコンバーター
補機用バッテリー(12V)の充電や電装品の電力を供給する。車載充電器と一体化させ、小型・軽量を図った。
f. インバーター
駆動用バッテリーの直流高電圧を交流に変換し、走行に必要な電力をモーターに供給する。

(2) コンビネーションメーター
電力消費およびエネルギー回生の状況を視覚的に表示する「パワーメーター」と、駆動用バッテリーの残量を表示する「駆動用バッテリー残量計」、直近の平均電力消費量からおおよその残り航続可能距離を算出して表示する「航続可能距離表示」を設定した。
(3) セレクターレバー
セレクターレバーを選択することで、エコドライブや、回生ブレーキを強く働かせた走行が可能となる3つのポジションを採用。
  •  
  • アクセル操作に応じた力強いトルクで『i-MiEV』本来の優れた走りを楽しめる「D」ポジション。
  •  
  • 出力を抑えてエコな走行を実現する「Eco」ポジション。
  •  
  • 「D」ポジションと同じ力強い走りのままで、回生ブレーキを最も強く働かせる「B」ポジション。
    (4) 空調システム
    電動コンプレッサーによる冷房システムと、電気ヒーターで加熱した温水を循環させる暖房システムを採用。温度調節は冷暖房各6段階のマニュアル方式を採用し、冷房と暖房が同時駆動となる機会を低減することで消費電力を抑制する。
    (5) 『i-MiEV』ならではの安全性の追求
    a. 堅牢なフレームで駆動用バッテリーを保護
    高電圧システムは、ボディ骨格の内側に搭載するとともに、駆動用バッテリーを井桁フレームで保護することで、全方位からの衝突によるダメージに備えた。
    b. 新世代の電気自動車にふさわしい統合制御技術 MiEV OS (MiEV Operating System)を開発
    すべてのEVコンポーネント情報を集約し、『i-MiEV』を統合制御。バッテリー状態の常時モニタリングや、回生ブレーキ機能によるエネルギー回収、滑らかで力強い発進制御など、高度な統合制御技術により、省エネルギーを実現しながら快適で安全・安心な走行を実現した。

     

    3. その他装備
    (1) ボディカラー
    モノトーンと、2種類の2トーンパターンの計8色とした。
    a. モノトーン
    「ホワイトソリッド」「クールシルバーメタリック」「ラズベリーレッドパール(有料色)」の3色。
    b. 2トーンパターン(有料色)
  •  
  • これまで『i-MiEV』の独自性を印象付けてきた「レッドソリッド/ホワイトソリッド」「クールシルバーメタリック/ホワイトソリッド」の2色。
  •  
  • 新たな2トーンパターンとして、クリーンな印象の「ホワイトパール/ミントグリーンソリッド」「ホワイトパール/オーシャンブルーメタリック」と、上質な印象の「クールシルバーメタリック/ブラックマイカ」の3色。
    (2) LEDヘッドライト、LEDリヤコンビランプ
    遠方視認性と近距離の広がりを両立し、消費電力の少ないLEDヘッドライトを採用(LEDヘッドライトは軽自動車初*10で、三菱自動車としても初)。さらに、リヤコンビランプにも点灯速度の早いLEDを採用することで視認性を高めた。
    *10   2009年5月末時点、三菱自動車調べ
    (3) グリーンプラスチックの採用(竹繊維PBS製テールゲートトリム)
    テールゲート内側のトリムに、竹繊維とPBS(ポリブチレンサクシネート)を組み合わせた内装材を使用。これによりライフサイクル(原料採取から廃棄)でのCO2排出量を、従来のPP(ポリプロピレン)製と比べ約10%削減した。
    (4) 三菱マルチエンターテイメントシステム(MMES)
    省電力性・耐衝撃性に優れたSSD(Solid State Drive)を採用した、三菱マルチエンターテイメントシステム(MMES、7インチワイドディスプレイSSDナビゲーション)をメーカーオプションとして設定した。SDカードの追加登録・表示機能を利用して、充電場所の情報提供を予定。

     

    4. 『i-MiEV』主要諸元
    駆動方式 2WD(後輪駆動)
    寸法・重量 全長×全幅×全高 3395mm×1475mm×1610mm
    ホイールベース 2550mm
    車両重量 1100kg
    乗車定員 4名
    性能 10・15モード交流電力量消費率
    (国土交通省審査値)
    125Wh/km
    10・15モード一充電走行距離
    (国土交通省審査値)
    160km
    駆動用バッテリー 種類 リチウムイオン電池
    総電圧 330V
    総電力量 16kWh
    原動機 種類 永久磁石式同期型モーター
    型式 Y4F1
    最高出力(ネット) 47kW[64PS]/3000~6000rpm
    最大トルク(ネット) 180N・m[18.4kgf・m]/0~2000rpm

     

    5. 販売概要
  • 国内販売予定台数
  • 約1,400台(2009年度)
  • メーカー希望小売価格
  • 4,599,000円(車両本体、消費税込)*11
    【4,380,000円(車両本体、消費税抜き)】*11
      (リサイクル料金、保険料、消費税を除く税金*12、登録等に伴う費用は含まれない)
  • 販売方法はメンテナンスリースを基本とする。
  • *11   経済産業省が実施している「クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金」の対象になっており、一般社団法人 次世代自動車振興センターに申請し、交付決定されることにより、2009年度は139万円を上限として補助金交付が受けられる。(車両登録前に、補助金交付申請を行い受理通知を受けていることが必要)
    *12   環境対応車普及促進税制に基づき、購入時の自動車取得税、および自動車重量税が免税となる。

    ページの終わりです
    ページの先頭へ戻る