ページの先頭です

ホーム > ニュース・イベント > プレスリリース > モーターショー

モーターショー



2013年03月05日
2013年ジュネーブモーターショー出品概要
三菱自動車は、2013年3月5日(火)から[一般公開は7日(木)から]17日(日)まで、スイス・ジュネーブのパルエクスポで開催される第83回ジュネーブ国際自動車ショーに、同社独自の次世代先進技術「@earth TECHNOLOGY(アット・アース・テクノロジー)」を具現化した2台のコンセプトカー、『MITSUBISHI Concept GR-HEV*1(コンセプト・ジーアール・エイチイーブイ)』と『MITSUBISHI Concept CA-MiEV*2(コンセプト・シーエー・ミーブ)』を参考出品(世界初披露)するほか、本年2月から欧州市場に順次投入を開始した新型『スペーススター』(日本名『ミラージュ』)、同じく7月から投入を予定している新型『アウトランダーPHEV』など、合計15台(プレスデーは9台)を出品します。
 
三菱自動車は、「『地球を走る。地球と生きる。』をテーマに、地球環境に配慮しながら、地球上のさまざまな地域のお客様に走る歓びを提供する」という想いをコミュニケーションワード「Drive@earth」に込め、“環境への貢献”、“走る歓び”、“確かな安心”を追求したクルマづくりを推進してきました。 「@earth TECHNOLOGY」とは、電動車両技術(電気自動車[EV]、プラグインハイブリッド車[PHEV])及び燃費向上技術(低燃費ガソリン車、クリーンディーゼル車)などの“環境への貢献”、意のままの走りと優れた走行安定性を両立させる車両運動統合制御「S-AWC(Super All Wheel Control)」や三菱自動車伝統の4WD技術などの“走る歓び”、安全で快適なドライブをサポートする先進の予防安全技術「e-Assist(イーアシスト)」*3や衝突安全強化ボディ「RISE」などの“確かな安心”を柱とした、「Drive@earth」を具現化する次世代先進技術の総称で、今後世界各国で展開していきます。
 
今回参考出品する『MITSUBISHI Concept GR-HEV』と『MITSUBISHI Concept CA-MiEV』では、さらなる新しい「@earth TECHNOLOGY」を、それぞれに最適な形で実現しています。
 
*1・・・ GR:Grand Runnerの略。先進技術により壮大な大地を力強く走り抜けるという意味。
*2・・・ CA:Compact and Advanced technologyの略。コンパクトサイズの車体に先進EV技術を搭載しているという意味。
*3・・・ 渋滞での走行時でも、先行車との車間を維持しながらの走行を可能とする「レーダークルーズコントロールシステム(Adaptive Cruise Control System)」、先行車との車間距離が急に縮まった場合、自動ブレーキによって衝突の回避、または被害の軽減をサポートする「衝突被害軽減ブレーキシステム(Forward Collision Mitigation System)」、走行中の車線から逸脱しそうな場合に、ドライバーに警報で注意を促す「車線逸脱警報システム(Lane Departure Warning System)」など。
 
  
MITSUBISHI Concept GR-HEV   MITSUBISHI Concept CA-MiEV
 
1.『MITSUBISHI Concept GR-HEV』
『MITSUBISHI Concept GR-HEV』は、『トライトン』で好評のセダンやSUV並みの快適性とピックアップトラックの機能を併せ持ったスポーツ・ユーティリティ・トラック(SUT)のコンセプトをベースとし、環境性能と走行性能を更に進化させたコンセプトカーです。
 
エクステリアデザインは、従来のピックアップトラックとは一線を画す、しなやかさと力強さを兼ね備えたスタイリッシュなフォルムとしました。レジャーに仕事にアクティブなライフスタイルを実現するピックアップトラックとしての機能性を損なうことなく、優れた空力特性を実現しています。また、ダイヤモンドをイメージしたDRL*4及びLEDヘッドランプシステム、LEDリヤコンビランプシステムにより高品質感を演出。さらに、スタイリッシュなフォルムにアルミ素材のプロテクトパーツを一体化し、機能性の演出とともに安心感を与えるデザインとしています。
 
パワートレインには、FR*5ベースのディーゼルハイブリッドシステムを採用しました。力強い動力性能と優れた環境性能を両立する2.5Lクリーンディーゼルエンジン、高性能モーターとバッテリーを組み合わせた1モーター式HEVシステムにより、走行時のCO2排出量を140g/㎞台に抑え、クラストップレベルの高い環境性能を実現します。
ドライブトレインには、低燃費走行を可能にするモードから悪路走破性を重視するモードまで、ドライバーの選択に応じて4つのモード(2H、4H、4HL、4LL)が選択可能な「スーパーセレクト4WD」と、4輪の駆動力と制動力を高度に制御し、様々な走行状況でドライバーの操作に忠実な車両挙動を実現する「S-AWC(Super All Wheel Control)」を組み合わせた次世代4WDシステムを採用。さらに、応答性に優れたモーターの駆動トルク制御を組み合わせることで、卓越した走破性とドライバーの操作に忠実なハンドリングを両立しています。
 
また、AC給電装置を装備することにより、発電機等の積載を不要とするなど、レジャーや仕事での使い勝手を一段と向上させた他、先進の予防安全技術「e-Assist」を採用することで、高い安全性能を実現しています。
 
*4・・・DRL:Day-time Running Lamps(昼間点灯ランプ)。明るいうちから点灯することで自車を周知し事故を抑制する前照灯。
*5・・・FR:フロントエンジン・リヤドライブの略。
 
●基本諸元
全長(mm)
5,420
全幅(mm)
1,930
全高(mm)
1,775
ホイールベース(mm)
3,000
乗車定員(名)
5名
パワートレイン
1モーター式ディーゼルハイブリッドシステム
(2.5L クリーンディーゼルエンジン)
駆動方式
スーパーセレクト4WD+S-AWC
CO2排出量
140g/km台
 
2.『MITSUBISHI Concept CA-MiEV』
『MITSUBISHI Concept CA-MiEV』は、2009年に世界に先駆けて量産型電気自動車『i-MiEV(アイ・ミーブ)』を発売した三菱自動車が提案する、将来のEVを想定したコンセプトカーです。
 
エクステリアデザインは、先進かつ高度な次世代EV技術に相応しい、輝きを放ちながら未来に向かって走り出すアスリートをイメージし、しなやかで躍動感のあるフォルムとしました。ダイヤモンドカットをモチーフとしたヘッドランプ及びリヤコンビランプは精緻で深みのある表情を生み出します。またホイールのスポークにもダイヤモンドカットを刻み、走り出す瞬間から輝きを増す先進感を表現しています。
 
EVシステムは、モーター・インバーター・充電器を一体化して電気ロスを低減する軽量タイプのEVコンポーネント、エネルギー回収効率を向上させたフル協調回生ブレーキ、手軽に充電が可能な磁界共鳴式非接触充電装置で構成する高効率EVシステムとし、大容量28kWhを実現する高エネルギー密度バッテリーの採用、徹底したボディの軽量化と空力性能向上を合わせ、航続可能距離300㎞を実現します。
 
また、スマートフォンやタブレット端末などと連動する空調および充放電管理リモートコントロール機能や、車両盗難時などにGPSで車両位置を捕捉するリモートトラッキング機能、走行環境に適応したECO運転アドバイス機能などにより利便性を高めるとともに、『MITSUBISHI Concept GR-HEV』同様、先進の予防安全技術「e-Assist」により安全・安心なEVライフを実現しています。
 
●基本諸元
全長(mm)
4,050
全幅(mm)
1,775
全高(mm)
1,550
車両重量(kg)
1,300
ホイールベース(mm)
2,550
乗車定員(名)
5名
バッテリー容量
28kWh
モーター出力
80kW
駆動方式
2WD(前輪駆動)
CO2排出量
0g/km(走行中)
CD
0.26
 
3.新型『スペーススター』
『スペーススター』(日本名:『ミラージュ』)は、コンパクトカーに求められる普遍的価値である「低燃費」「低価格」「コンパクト(扱いやすさ)」をキーワードとし、「先進国における環境対応車」と「新興国におけるエントリーカー」というニーズを両立させました。2012年3月に生産拠点のあるタイで発売し、以降、アセアン諸国、日本、豪州などに投入。欧州には2013年2月から順次投入を始めています。
 
欧州においては、CO2規制強化を背景に環境対応車への需要が高まる中、アイドリングストップ機能付の1.0L 3気筒MIVECエンジンを搭載し、徹底した軽量化(車両重量845kg)と空気抵抗の低減(CD値0.27、当社測定値)を追求したことで、クラストップレベルの低CO2排出量92g/km(5MT仕様)を実現しています。軽量・コンパクトなボディがもたらす走りの軽快感、取り回しの良さと扱いやすさを備える一方、乗員空間を最大化する高効率パッケージの採用により、5人乗りコンパクトカーとして十分な居住性を確保しています。
 
4.新型『アウトランダーPHEV』
『アウトランダーPHEV』は、『i-MiEV』で培ったEV技術、『ランサーエボリューション』で鍛えた4WD技術、『パジェロ』で築いたSUVのノウハウを結集した、画期的な“自分で発電する電気自動車”であり、SUVタイプとして世界初のプラグインハイブリッド車です。
 
新開発の「プラグインハイブリッドEVシステム」により、優れた燃費性能を実現するとともに、エンジン車と同等の航続可能距離を確保しています。
また、大容量駆動用バッテリーの搭載と前後に高出力モーターを配した「ツインモーター4WD」や車両運動統合制御システム「S-AWC」により、大排気量・高出力エンジン車並みの加速性能や、高い走行安定性を実現。
高い静粛性や優れた乗り心地も相まって、従来のエンジン車とは別次元の快適なドライビングを提供します。
 
日本では、2013年1月下旬に発売し大変好評を博しています。欧州には、2013年7月より順次投入を開始する予定です。
 
5.出品車一覧
名称
展示台数
備考
プレスデー
一般公開日
MITSUBISHI Concept GR-HEV
1台
1台
コンセプトカー、参考出品
MITSUBISHI Concept CA-MiEV
1台
1台
コンセプトカー、参考出品
アウトランダーPHEV
1台
1台
 
スペーススター*6
3台
3台
日本名:ミラージュ
アウトランダー
1台
2台
 
ASX
1台
1台
日本名:RVR
i-MiEV
1台
2台
 
パジェロ
-
1台
スペイン:Montero(モンテロ)
イギリス:Shogun(ショーグン)
L200
-
1台
日本名:トライトン
ランサーエボリューション
-
1台
日本名:ランサーエボリューションX(テン)
コルト
-
1台
 
合計
9 台
15台
 
*6・・・スペーススター展示コーナーにて、この他に8台の車両を展示します。
 
なお、本日より三菱自動車のジュネーブモーターショーに関する様々な情報を発信していくスペシャルサイトを開設します。
 

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る