ページの先頭です

ホーム > ニュース・イベント > プレスリリース > モーターショー

モーターショー



2012年02月09日
三菱自動車、2012年ジュネーブモーターショー出品概要
-新型『アウトランダー』を世界初披露-
三菱自動車は、3月6日(火)〔一般公開は3月8日(木)〕から18日(日)まで、スイス・ジュネーブのパルエクスポで開催される第82回ジュネーブ国際自動車ショーで、クラストップレベルの低燃費、低CO2性能を実現した新世代の環境対応SUV、新型『アウトランダー』(欧州向け)を世界初披露します。また、家庭内におけるエネルギーを最適に使用した、電気自動車のある暮らしを提案する『MiEV(ミーブ) ハウス』や、欧州市場で販売が好調の『ASX』(日本名『RVR』)のほか欧州で販売している車両など合計13台(プレスデーは8台)を出品します。
 
今回、世界初披露する新型『アウトランダー』は、“クラストップレベルの低燃費、低CO2を実現する優れた環境性能”のほか、“先進安全技術の採用による高い安全性能”、“上質で使い勝手の良いインテリア”を商品特長としています。
なお、新型『アウトランダー』は、今夏よりロシアで販売を始め、以降、欧州、日本、オセアニア、中国、北米と世界展開を進めます。
また、2012年度中には三菱自動車が独自に新開発している電気自動車派生型のプラグインハイブリッドシステムを搭載したモデルを追加投入する予定です。
 
新型『アウトランダー』(参考出品)
 
1.新型『アウトランダー』商品概要
1)クラストップレベルの低燃費、低CO2を実現する優れた環境性能
欧州向けの新型『アウトランダー』には、新開発の可変動弁機構を採用した4J11型新型MIVEC*1エンジン(2.0L 4気筒 SOHC 16バルブ)と、欧州の厳しい排出ガス規制にも対応する14.9という低圧縮比を実現した4N14型クリーンディーゼルエンジン(2.2L 4気筒ターボチャージャー付き)を搭載します。
また、アイドリングストップ機能「オートストップ&ゴー(AS&G)」、ボディ構造の最適化や高張力鋼板採用などによる車体軽量化、空力性能の改善などにより、4N14型クリーンディーゼルエンジン搭載車(6MT、2WD車)のCO2排出量(目標値)が130g/km以下といった、クラストップレベルの環境性能を実現。さらに、エコ運転を支援するシステムを採用することで、実用燃費の向上をサポートします。
*1: Mitsubishi Innovative Valve timing Electronic Control system(三菱自動車の可変バルブタイミング機構付エンジンの総称)
 
2)先進安全技術の採用による高い安全性能
前方の障害物を検知し、自動ブレーキにより衝突事故を予防する「衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM)」、高速走行のみならず、渋滞時のような極低速走行時でも前車との車間を維持しながらの走行が可能な「レーダークルーズコントロールシステム(ACC)」、走行レーンを逸脱しそうな場合にドライバーに警報で注意を促す「車線逸脱警報システム(LDW)」など、先進安全技術を採用。
 
3)上質で使い勝手の良いインテリア
  • インストルメントパネルには表面にソフトパッド材を採用。乗る人に落ち着きを与える光沢のあるブラックパネルと、メッキとシルバーの加飾により上質感を高めました。また、スイッチなど操作系やディスプレイなどの表示系をそれぞれ、操作性、視認性の良い場所にレイアウトしました。
  • 座り心地の良い後席(セカンド、サードシート)は、簡単な操作でシートアレンジすることができ、ワイドでフラットなカーゴスペースを容易に作り出すことを可能としました。
  • 荷物の出し入れに便利な電動テールゲートを採用しました。

2.出品車リスト
名称
台数
備考
新型アウトランダー
2台
世界初披露 (参考出品)
i-MiEV
2台
欧州仕様
L200
1台
タイ生産車、日本名:トライトン
パジェロ
1台
スペイン:Montero(モンテロ)、イギリス:Shogun(ショーグン)
ランサーエボリューションX(テン)
1台
プレスデー2日目(3月7日)以降展示
ASX
2台
日本名:RVR、プレスデー初日(3月6日)は1台
コルト
2台
欧州生産車、欧州仕様、プレスデー初日は1台
ランサースポーツバック
1台
日本名:ギャランフォルティススポーツバック、プレスデー2日目以降展示
アウトランダー
1台
欧州生産車、欧州仕様、プレスデー2日目以降展示
展示台数
13台
プレスデー初日は8台
 

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る