ページの先頭です

ホーム > ニュース・イベント > プレスリリース > 企業

企業



2014年07月01日
Chrysler de Mexico
三菱自動車工業株式会社 
 
三菱自動車とクライスラー・メキシコ社の新たな契約について
~ 三菱自動車、グローバル・コンパクトセダンをクライスラー・メキシコ社へ供給 ~
三菱自動車(以下MMC、所在地:東京都港区 会長兼CEO:益子 修)とクライスラー・メキシコ社(Chrysler de Mexico 以下CdM、所在地:メキシコシティ CEO:ブルーノ カットーリ)は、MMCのグローバル・コンパクトセダン(三菱自動車名『ATTRAGE(アトラージュ)』)をベースとしたCdM向け車両を、2014年11月より5年間供給する契約を締結したと発表しました。
この車両は、2013年メキシコ自動車市場の23%を占める最大カテゴリーの一つであるBセグメント市場(2013年度25万台以上販売)に投入されます。
 
三菱自動車工業(株) 取締役会長兼CEO 益子 修は、
「今回の契約により、私どもとクライスラー・メキシコ社との今までの良好な関係を、一層強固にするとともに、私どものグローバル・コンパクトセダンが、メキシコ市場においても、アジア・アセアン市場と同様に受入れられ、販売台数を伸ばしてくれる事を期待しています。」と述べました。
 
クライスラー・メキシコ社 CEO ブルーノ カットーリは、
「私どもは2003年からメキシコ市場で三菱車の取り扱いを開始し、成功を収めて来ました。その協業を通して三菱自動車との関係を築いて来ましたが、この新しい契約は、これまでの関係をより強固にするものと考えています。」と述べました。
また、「この新しいコンパクトセダンの導入により、クライスラー・メキシコ社は、お客様のニーズを満たす競争力のある商品を、ラインアップに加える事が出来ると思います。」と付け加えました。

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る