ページの先頭です

ホーム > ニュース・イベント > プレスリリース > 企業

企業



2013年10月10日
第20回ITS世界会議 東京2013に参加
三菱自動車は、10月14日(月)から[一般公開は17日(木)から]18日(金)まで、東京・有楽町の東京国際フォーラムおよび有明の東京ビッグサイトで開催される「第20回ITS*1 (高度道路交通システム)世界会議東京2013」に、スマートフォンやICT*2 (情報通信技術)を活用した電気自動車の利用シーンのデモンストレーション、並びに次世代先進安全技術のパネル展示など、ITSへの取り組みの一端を紹介します。
 
この他、「高度運転支援・自動運転共同デモ」体験試乗車として、昨年ユーロNCAPアドバンスド賞を受賞した「衝突被害軽減ブレーキ(FCM)」搭載の『アウトランダー』を、また「通信利用型先進安全自動車ASV*3-5・次世代安全運転支援システムDSSS*4の体験試乗」には新規開発した実験車『ITSアウトランダー』を提供します。
 
三菱自動車は、「『地球を走る。地球と生きる。』をテーマに、地球環境に配慮しながら、地球上のさまざまな地域のお客様に走る歓びを提供する」という、コミュニケーションワード「Drive@earth」を具現化する、次世代先進技術「@earth TECHNOLOGY」に基づき、“環境への貢献”、“走る歓び”、“確かな安心”を追求したクルマづくりを推進しています。安全で快適なクルマをお客様に提供するため、引き続き道路と車両、車両間の連携などによる運転支援技術のさらなる向上に努めていきます。
 
*1 ITS:Intelligent Transport Systems (高度道路交通システム)
*2 ICT:Information and Communication Technology (情報通信技術)
*3 ASV:Advanced Safety Vehicle (先進安全自動車)
*4 DSSS:Driving Safety Support Systems (安全運転支援システム)
 
実験車『ITSアウトランダー』
実験車 『ITSアウトランダー』
 
1.出展概要
(1)「利便性向上・安全への取り組み」についてのパネル展示、デモンストレーション
  • 「スマートフォン利用EV遠隔操作」
    スマートフォンアプリを用い、ICTを利用した近い将来のEVの利便性向上機能を紹介します。電気料金が確認でき、お客様の希望に応じて、電気料金が安い時間に充電するなどの充電予約を車外から操作できます。
  • 「スマートフォン利用高速道路情報案内」
    スマートフォンアプリを用い、正確な高速道路状況をスマートフォンで入手することができる利便性向上機能を紹介します。
  • 先進安全技術「通信利用型先進安全自動車ASV-5」
    周辺車両、歩行者との通信技術を用い、ドライバーから見づらい車両との事故や、歩行者事故を防止するために車両接近情報や歩行者接近情報を提供します。
  • 先進安全技術「次世代安全支援システムDSSS」
    周辺車両や歩行者の位置・速度情報、信号情報などの道路情報を受信することで、ドライバーの不注意で起こる交差点事故や歩行者事故の防止、並びに安全でスムーズに交差点を走行できるように、ドライバーに情報を提供します。
 
(2)論文発表
「通信利用安全運転支援システムの普及促進に向けた考察」、三菱重工業株式会社と共同で研究を進めている「スマートフォンを利用したITS運転支援システム」他、計4件を予定しております。
 
(3)体験試乗車の提供
「衝突被害軽減ブレーキ(FCM)」搭載の『アウトランダー』および先進安全技術「通信利用型先進安全自動車ASV-5」・「次世代安全支援システムDSSS」を搭載した実験車『ITSアウトランダー』を提供します。
 
2.ITS世界会議 開催概要
「ITS世界会議」は、学術討議・技術報告・展示など、ITSに関する世界最大の情報発信の場として、毎年世界の主要都市で順次開催されています。日本では過去2回(1995年第2回横浜、2004年第11回名古屋)開催。第20回の今回は、約1000件の論文発表、250件のセッションが予定されています。
 
名称 第20回ITS世界会議 東京2013
期間 10月14日(月)から18日(金)
場所 東京国際フォーラム(10月14日)
東京ビッグサイト(10月15日から18日)[一般公開は17日から]
主催 ITS世界会議東京2013日本組織委員会、ITS-Japan、東京都
テーマ Open ITS to the Next

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る