ページの先頭です

ホーム > ニュース・イベント > プレスリリース > 企業

企業



2013年07月01日
<パイクスピーク決勝速報>
パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム2013
『MiEV EvolutionII』が電気自動車クラス2位、3位でフィニッシュ
三菱自動車は、6/24(月)~30(日)[決勝は30日]に米国コロラド州で開催されたモータースポーツイベント「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム*1(以下パイクスピーク)2013」に『MiEV EvolutionII(ミーブ エボリューション ツー)』2台体制で参戦。増岡浩選手が電気自動車クラス2位、グレッグ・トレーシー選手が3位となりました。
30日に行われた決勝、午前中は青い空が広がっていましたが、やがて天気は下り坂となり、電気自動車クラスが走行する頃には強い雨が路面を濡らしました。すでに走行を開始していたアンリミテッド(改造無制限)クラスや、タイムアタッククラスはドライの路面でのレースとなりましたが、電気自動車クラスのトップランナーであるトレーシー選手は、スタート前に大雨のため、タイヤ交換を余儀なくされました。トレーシー選手・2番手走者の増岡選手は共に濡れた路面を果敢に攻めたものの、増岡選手が10 分21秒866で2位、トレーシー選手は10 分23秒649で3位という結果になりました。
 
本年の参戦車両『MiEV EvolutionII』は、市販車の量産部品を元に、パートナー企業と先行開発した次世代EVコンパーネントの高容量バッテリー、高出力モーターを搭載。昨年の参戦経験をいかし、フロント2個、リヤ2個の4モーターから構成される電動4WDに、車両運動統合制御システム「S-AWC(Super All Wheel Control)」を新たに採用することで、動力性能と走行安定性を高次元で両立しました。今回の難しいレースで得られたデータやノウハウは、次世代の電動車両EV/PHEVへとフィードバックし、「環境への貢献」「走る歓び」「確かな安心」をお客様に提供するため、さらなる技術の向上に努めてまいります。
 
 
2年連続で電気自動車クラス2位となった監督兼ドライバーの増岡選手は「スタートを前に路面が完全にウェットだったので、スリックタイヤではなく溝ありのタイヤを装着しました。それでも道は完全に濡れているため、いたるところでマシンがスライドしました。まともに走れないような状況だったのですが、それでも何とか2台のマシンが無事フィニッシュして良かったと思います。優勝を狙っていただけに、結果はとても残念です。雨が降り、運がなかった部分もありますが、自分たちの力不足を認識しさらに精進していきたいと思います。」と語りました。
 
四輪でのパイクスピーク出場は今回が初めてとなるトレーシー選手は、「優勝するつもりでいたので結果は残念です。直前に降った強い雨で路面はまともに走れるような状態ではなく、フィニッシュできただけでも良しとするべきなのかもしれません。マシンをテストした時は常に晴れで、雨の走行経験が乏しかったのも事実です。しかし、『MiEV EvolutionII』のドライ路面での走りは素晴らしかったので、次回また機会があれば優勝を狙いたいと思います。」と語りました。
 
*1 ・・・ 米国コロラド州のロッキー山脈にあるパイクスピーク山で、標高約4,300mの頂上まで標高差1,500mを一気に駆け上がる自動車と二輪車による競技。1916年に始まり今年で91回目を迎える、インディ500に次いで米国で2番目に歴史のあるレース。別名「雲に向かうレース」と呼ばれ、世界でもっとも有名なヒルクライムレース。スタート地点とゴール地点で自動車の走行性能に影響する気圧、気温、天候などの条件が大きく変化するなど、様々な条件下でクルマの性能を発揮できるようなセッティングが必要となります。
 
【電気自動車クラス(Electric Division)最終結果(暫定)6月30日終了時】
順位
ドライバー
車両
タイム
1
田嶋 伸博
『Pikes Peak Special』
9分46秒530
2
増岡 浩
『MiEV EvolutionII』
10分21秒866
3
Greg Tracy
『MiEV EvolutionII』
10分23秒649
4
Rod Millen
『TMG EV P002』
10分24秒301
5
Roy Richards
『Fit-EV』
17分30秒614
6
塙 郁夫
『HER-02』
リタイヤ
7
Janis Horeliks
『PP01』
リタイヤ
 
なお、三菱自動車のパイクスピークへの取り組みに関する様々な情報は、以下のスペシャルサイトをご覧ください。
スペシャルサイト: http://www.mitsubishi-motors.com/jp/events/ppihc/2013/index.html
Facebbok(英語): https://www.facebook.com/iMiEV.official
Facebook(日本語): https://www.facebook.com/MitsubishiMotorsMiEV

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る