ページの先頭です

ホーム > ニュース・イベント > プレスリリース > 企業

企業



2011年12月20日
株式会社ジャパネットたかた
三菱自動車工業株式会社
 
ジャパネットたかた、三菱自動車の『i-MiEV』と『MINICAB-MiEV』を紹介販売
~ 国内初! テレビショッピングによる電気自動車の取り扱い開始 ~
株式会社ジャパネットたかた(本社:長崎県佐世保市 代表取締役:高田 明、以下「ジャパネットたかた」)と三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区 取締役社長:益子 修、以下「三菱自動車」)は、ジャパネットたかたが三菱自動車の新世代電気自動車『i-MiEV(アイ・ミーブ)』ならびに『MINICAB-MiEV(ミニキャブ・ミーブ)』を通信販売で取り扱うことについて覚書を締結し、12月22日(木)テレビ東京にて放送予定の番組から紹介販売を開始いたします。
 
環境に配慮した商品を世の中に広めたいジャパネットたかたと、環境負荷の低減に積極的に取り組んでいる三菱自動車の両社は、電気自動車(EV)の普及促進が低炭素社会の実現に重要な役割を担うとの共通認識のもと、EVの通信販売の可能性について協議を重ねてまいりました。
 
ジャパネットたかたは、「『モノ』の向こうにある生活や変化を伝えたい。より多くの人々の『快適ライフのパートナー』を目指して。」という経営理念のもと、EVの価値を最大限お伝えするだけでなく、その先にある新しいライフスタイルがもたらす「楽しさ」や「感動」をお届けしてまいります。
また、現在の蓄電機能に、将来給電機能が加わり、家庭での電力供給や消費の効率化にEVが果たす役割は益々重要になってくることが予想される中、今回の取り扱いを一つの契機として、スマートハウスビジネスへの取り組みを積極化してまいりたいと思います。
 
三菱自動車は、2009年7月の『i-MiEV』に続くEV第二弾として、2011年12月8日に『MINICAB-MiEV』の販売を開始いたしました。今回の取り組みにより、従来の『i-MiEV』に加え、毎日一定の距離を走行する商業用途での強みを最大限発揮する「働く電気自動車」といえる『MINICAB-MiEV』を、より多くの方々に知っていただくことによって、EVという新しいカテゴリーの車を力強く普及させていきたいと考えています。
 
【合意の主な内容】
  • ジャパネットたかた制作の番組を通じた『i-MiEV』、『MINICAB-MiEV』の商品紹介・説明
  • ジャパネットたかたから三菱自動車及び同社販売会社に対するお客様の紹介
  • 三菱自動車販売会社による車両本体の販売及び販売に伴う諸手続きやアフターサービスの提供

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る