ページの先頭です

ホーム > ニュース・イベント > プレスリリース > 企業

企業



2010年04月14日
株式会社 リチウムエナジー ジャパン
株式会社 GSユアサ
三菱商事株式会社
三菱自動車工業株式会社
 
株)リチウムエナジー ジャパンの新工場建設計画決定
-電気自動車用リチウムイオン電池5万台分の生産能力を持つ
    栗東新工場が2012年度初頭より稼動-
株式会社 リチウムエナジー ジャパン(取締役社長:小野 勝行、本社:京都市南区。以下、LEJ社といいます。)は、このたび滋賀県栗東市内に新工場の建設を行う旨を決定いたしました。栗東新工場は2012年度初頭より稼働を開始し、電気自動車用リチウムイオン電池を年産440万セル(新世代電気自動車「i-MiEV」5万台分)を製造します。また、本件にかかる設備投資額は総額375億円を予定しております。
 
LEJ社は滋賀県草津市にある草津工場において、昨年6月から1号ラインによる量産出荷を開始しており、年産20万セル(同2,300台分)のリチウムイオン電池を生産しております。これに加えて本年4月に同工場への第二期設備投資が完了し、2号量産ラインにて6月より年産40万セル(同4,500台分)の増産出荷を開始いたします。これにより草津工場の生産量は年産60万セル(同6,800台分)となります。さらに、現在京都工場(GSユアサ京都事業所内)にて増産ラインの設備投資に着手しており、本年12月より年産100万セル(同11,000台分)の出荷を開始いたします。大容量リチウムイオン電池の量産にかかる技術課題を克服し、1万台を超える規模の量産ラインの稼働が今年中に確実となりました。
 
栗東工場は2012年度下期にはフル稼働となり、この時点で草津、京都、栗東の3工場を合計した生産能力は年産600万セル(同67,800台分)となります。LEJ社では長期的に国内10万台相当のリチウムイオン電池の供給体制を目指す所存です。
 
なお、栗東工場の建設にあたっては、経済産業省の平成21年度「低炭素型雇用創出産業立地推進事業費補助金」に採択され、最大50億円の補助金を受給する予定です。
 
【LEJ社の設備投資概要】
 

 

草津工場(第一期)

草津工場(第二期)

京都工場

栗東工場

所在地

滋賀県草津市

京都市南区
(GSユアサ本社内)

滋賀県栗東市

土地面積

約20,000㎡

約200,000㎡

約56,000㎡

工場面積

約7,900㎡

第一期+1,900㎡

約13,000㎡

約45,000㎡

年間生産量
(i-MiEV換算台数)

20万セル
(2,300台)

第一期+40万セル
(同+4,500台)

100万セル
(11,000台)

440万セル
(50,000台)

出荷開始時期

2009年6月

2010年6月

2010年12月

2012年度初頭

設備投資額

約33億円

第一期+約42億円

約67億円

約375億円

 
【LEJ社の概要】
 
 1. 社名  株式会社 リチウムエナジー ジャパン
 2. 設立  2007年12月12日
 3. 本社所在地  京都市南区吉祥院西ノ庄猪之馬場町1
 4. 資本金  40億円(2010年3月31日現在)
 5. 出資比率
株式会社 GSユアサ 51%
三菱商事株式会社 34%
三菱自動車工業株式会社 15%
 6. 事業内容  大型リチウムイオン電池の開発・製造・販売
 
【写真】
  (株)リチウムエナジー ジャパン栗東工場完成予想図

 
[この件に関する当社担当部門]
  株式会社 リチウムエナジー ジャパン 事業管理部 TEL  075-312-0401
  株式会社 GSユアサ 広報室  TEL  075-312-1214
  三菱商事株式会社 広報部 報道チーム TEL  03-3210-2172
  三菱自動車工業株式会社 広報部 TEL  03-6852-4274

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る