ページの先頭です

ホーム > ニュース・イベント > プレスリリース > 企業

企業



2010年05月26日
ミツビシ・モーターズ・ノース・アメリカ、米カリフォルニア州政府にi-MiEVを貸与
~シュワルツェネッガー知事が実車見学~
   三菱自動車(以下、MMC)における米国製造・販売会社ミツビシ・モーターズ・ノース・アメリカ・インク(米国カリフォルニア州サイプレス、以下、MMNA)は25日、カリフォルニア州政府(サクラメント市)に対し、同州における電気自動車の普及に向けた取り組みの一環として当社の新世代電気自動車『i-MiEV(アイ・ミーブ)』2台を貸与する。
 
   シュワルツェネッガー・カリフォルニア州知事は24日、州政府前で『i-MiEV』を実車見学した後、地元メディアに対し、電気自動車はカリフォルニア州が直面している持続可能な交通手段に必要とされる代表的なテクノロジーと話した。
 
   カリフォルニア州議会・州政府はこの『i-MiEV』を活用し、電気自動車をより理解するとともに、インフラ整備の問題に取り組む。また、議員や州政府関係者は電気自動車を運転、且つ充電プロセスを体験することで、電気自動車に関する知識を習得していく。
 
   三菱自動車の『i-MiEV』は、2009年7月から日本で法人を中心に販売を開始、本年4月からは個人向けの本格販売をスタートさせており、すでに高い環境性能、コンパクトなボディならではの取り回しの良さに加え、動力性能や操縦安定性、静粛性や乗り心地などでも高い評価を得ている。なお、米国には2011年度に市場投入する計画である。
 

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る