ページの先頭です

ホーム > ニュース・イベント > プレスリリース > 企業

企業



2008年12月05日
三菱自動車とプロトン社の協業について
三菱自動車は、マレーシア最大の自動車メーカーであるPerusahaan Otomobil Nasional Sdn Bhd*1(以下 プロトン社)と、プロトン社における新型車両の開発・生産に関する契約を締結したと発表した。

本契約に基づき、三菱自動車はプロトン社における新型車両の開発を支援するほか、プロトン社は三菱自動車の車両をベースとした新型車両をライセンス契約によって生産する。

これら開発・生産分野での協業を通じて、三菱自動車は既存の完成車輸出事業に加え、マレーシア向の事業拡大を目指す。また、プロトン社は、商品ラインナップの拡充並びに商品の品質向上、生産設備の有効活用を目指す。

両社は本件以外にも、相互にメリットのある協業内容について検討を行っている。

 

*1 Perusahaan Otomobil Nasional Sdn Bhd (プロトン社)の概要
1.  本社所在地 マレーシア スランゴール州
2.  主な事業 自動車の開発・設計・製造
3.  会社紹介 プロトン社は、マハティール前首相の国民車構想に基づき、マレーシア重工業公社(当時)・三菱自動車・三菱商事の三者合弁事業として1983年に設立。三菱自動車・三菱商事の全面的な支援の下、1985年に最初の国民車「SAGA」の生産を開始した。 2000年には初の自主開発車「WAJA」を発売、2004年2月には初の自主開発エンジンを搭載した「GEN-2」を発売するなど、年々技術力を高め、マレーシア工業化のシンボルとして国民に広く支持されている。

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る