2022年11月04日

商品

三菱自動車、新型軽スーパーハイトワゴン『デリカミニ』をスペシャルサイトで初披露

三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長兼最高経営責任者:加藤 隆雄、以下三菱自動車)は、新型軽スーパーハイトワゴン『デリカミニ』のスペシャルサイトを本日開設し、エクステリアデザインを初披露しました。同車は初代『デリカ』の発売から55周年となる2023年度初夏に投入する計画で、「東京オートサロン2023」に参考出品する予定です。
 
新型『デリカミニ』は「DAILY ADVENTURE(毎日の冒険)」をデザインテーマとした、SUVらしい力強いスタイリングの軽スーパーハイトワゴンです。『デリカ』シリーズはSUVとしての走破性とMPVとしての居住性を融合させた、三菱自動車ならではのオールラウンドミニバンとして、家族や仲間たちとアウトドアレジャーを楽しむお客様にご愛用いただいています。アウトドアレジャーの人気が高まる昨今、その『デリカ』シリーズの世界観を軽スーパーハイトワゴンに詰め込み、新型『デリカミニ』として提案します。
 
新型『デリカミニ』
 
 
新型『デリカミニ』は、力強さと安心感を表現する「ダイナミックシールド」に、特徴的な半円形のLEDポジションランプを内蔵したヘッドライトを組み合わせ、凛としながらも親しみやすい表情としました。フロントバンパーとテールゲートガーニッシュには立体的な「DELICA」ロゴを採用。ブラックのホイールアーチに加え、前後バンパー下部にプロテクト感のあるスキッドプレート形状を採用し、『デリカ』ならではのSUVらしい走破性を表現しました。アルミホイールは、タフさを表した形状とスタイリッシュさを持ち合わせたダークシルバー塗装とし、足元を引き締めました。
 
ボディカラーは、新型『デリカミニ』のコンセプトに合わせて新開発した、都会からアウトドアレジャーまであらゆるシーンに馴染むアッシュグリーンメタリックを新色として採用しています。
 
新型『デリカミニ』スペシャルサイトはこちら
 
【ご参考】
『デリカ』の歴史は、1968年に発売した『デリカ トラック』から始まりました。翌69年に『デリカ バン』を追加するとともに、乗用車の『デリカ コーチ』を設定しました。
商用車としてスタートし乗用車もラインアップした『デリカ』は、「人と物を安心・安全に目的地まで運ぶクルマ」として三菱自動車の代表的な車種となりました。79年の2代目『デリカ スターワゴン』、86年の3代目『デリカ スターワゴン』、94年の4代目『デリカ スペースギア』は、本格的な4WDシステムを採用して悪路走破性を備えたワンボックス車という独自のポジションを築き、アウトドアレジャーを満喫するためのパートナーという『デリカ』のイメージを確固たるものとします。07年に5代目となった『デリカD:5』は、三菱自動車ならではのユニークなオールラウンドミニバンとして、多くのお客様にご愛用いただいています。