2022年04月08日

商品

三菱自動車、2021年度の国内販売にてPHEV販売台数No.1を獲得

三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長兼最高経営責任者:加藤 隆雄、以下三菱自動車)は、プラグインハイブリッドEV(以下、PHEV)の2021年度販売台数が11,663台となり、国内販売において第1位を獲得*1しました。PHEV販売台数は、昨年12月に発売した新型『アウトランダー』(PHEVモデル)と先代『アウトランダーPHEV』、そして『エクリプス クロス』(PHEVモデル)を合算した台数になります。また、PHEVの車名別販売台数*1においても、『アウトランダー』(PHEVモデル)が第1位*2、『エクリプス クロス』(PHEVモデル)が第2位となりました。
 

  • 『アウトランダー』(PHEVモデル)

  • 『エクリプス クロス』(PHEVモデル)
 
2021年度販売実績
モデル
2021年度
『アウトランダー』(PHEVモデル) *2
6,267台
『エクリプス クロス』(PHEVモデル)
5,396台
2021年度PHEV販売合計
11,663台
 
*1:2021年4月~2022年3月 一般社団法人 日本自動車販売協会連合会(略称 自販連)調べ
*2:新型『アウトランダー』(PHEVモデル)と先代『アウトランダーPHEV』を合算
 
三菱自動車は1964年からの電動車の研究開発の成果として、「日常ではEV、遠出はハイブリッド」というコンセプトのもと、『アウトランダーPHEV』を2013年に発売。2020年には『エクリプス クロス』にPHEVモデルを追加し、世界60カ国以上で累計約30万台を販売、PHEVカテゴリーをリードしてきました。さらに本年度初頭には新型軽EVを導入、今秋に軽商用EVの販売再開を予定しており、電動車をさらに多くのお客様へお届けしてまいります。