2022年03月10日

企業

三菱自動車、第1回 脱炭素経営EXPO 春展に出展
今秋に販売再開予定の『ミニキャブ・ミーブ』を展示

三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長兼最高経営責任者:加藤 隆雄、以下三菱自動車)は、3月16日(水)~18日(金)に東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催される第1回 脱炭素経営EXPO 春展(主催:RX Japan株式会社)に出展します。
 
脱炭素経営EXPOは、「脱炭素」をテーマに、再生可能エネルギーマネジメントシステム、省エネルギー設備といった脱炭素ソリューションを企業に提案し、事業における脱炭素化を加速させる事を目的とした専門展です。三菱自動車を含む自動車メーカー、素材メーカー、総合機械メーカーなど、多様な企業が出展を予定しています。
 
三菱自動車は、2022年秋頃に販売再開を予定している国内唯一の軽商用EV『ミニキャブ・ミーブ』、および日本郵便株式会社が実際に配送用車両として使用する『ミニキャブ・ミーブ』の2台を展示すると共に、同モデルに関心をお持ちいただいたお客様へのコンサルティングを会場で実施、企業におけるEV導入の付加価値を提案します。
 

  • 軽商用EV『ミニキャブ・ミーブ』
 
「第1回 脱炭素経営EXPO 春展」概要
開催時期
2022年3月16日(水)~3月18日(金) 10:00~18:00(最終日は~17:00迄)
会場
東京ビッグサイト(東京都江東区有明)
入場料
無料(登録制/事前・当日)
主催
RX Japan株式会社
公式サイト
 
展示車両『ミニキャブ・ミーブ』について
  • 国内で唯一の軽商用EV*1
  • EV航続距離は150km*2、力強い走り・静粛性・ガソリン車同等の積載量を実現
  • 日本郵政グループにおいて配送用車両として導入
  • 2022年秋に販売再開予定
  • 商品サイト:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/minicab-miev/
 
*1: 2022年3月時点
*2: JC08モード一充電走行距離(国土交通省審査値)。一充電走行距離は定められた試験条件での値。お客様の使用環境や運転方法、積載量に応じて航続可能距離は短くなります。