2021年08月27日

商品

三菱自動車、軽自動車EVを2022年度初頭に発売

三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長兼最高経営責任者:加藤 隆雄、以下三菱自動車)は、NMKV*1で企画・開発を進めている新開発の軽自動車EVを国内で2022年度初頭に発売予定です。
 
この軽自動車EVは、EVならではの滑らかで力強い走りと高い静粛性を実現するとともに、運転支援技術をはじめとする、様々な先進技術を搭載します。全長/全幅/全高は、3395mm/1475mm/1670mmとし、取り回しに優れて運転しやすく、安心・安全、快適にお乗りいただけます。また総電力量20kWhの駆動用バッテリーを搭載し、日常での走行に充分な容量を確保するとともに、万が一の際は、蓄えた電力をV2H機器を介して家庭へ供給するなど、非常用電源としても活用できます。*2
 
価格については、お客様の実質的な購入額*3が約200万円からとなる見込みです。
 
三菱自動車は、2009年6月に世界初の量産電気自動車として『アイ・ミーブ』を発売、続けて『ミニキャブ・ミーブ』『ミニキャブ・ミーブ トラック』と軽商用EVもラインアップし、環境負荷を低減させるとともに、公私にわたる幅広いニーズに対応、多くのお客様にご利用いただいています。
今後も、「環境ターゲット2030」において担げた、2030年までに新車のCO2排出量40%削減という目標の達成に向けて取り組み、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。
 
なお、三菱自動車の環境への想いを込めた動画を以下の三菱自動車サイトに掲載しています。
 
「自然と併走して、未来へ。」
 
 
*1…本社:東京都港区、社長:遠藤 淳一。軽自動車の商品企画やプロジェクトマネジメント等を行う、日産自動車株式会社と三菱自動車の合弁会社。
*2…上記仕様は2021年8月時点のものであり、今後変更となる可能性があります。
*3…車両本体価格から補助金額(今年度と同額と想定)を差し引いた購入額です。リサイクル料金、保険料、消費税以外の税金、届出等に伴う諸費用は含まれません。