2021年07月02日

企業

三菱自動車、ジャパンサイクルリーグとパートナーシップ契約を締結
~エクリプス クロスをオフィシャルカーとして提供~

三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長兼最高経営責任者:加藤 隆雄、以下「三菱自動車」)は、株式会社ジャパンサイクルリーグ(本社:東京都港区、社長:加藤 康則氏、以下「JCL」)とオフィシャルパートナー契約を締結しました。7月10日(土)開催の「三菱地所JCLロードレースツアー2021 第3戦 広島ロードレース」より、JCLロゴのオリジナルラッピングを施した『エクリプス クロス』のPHEVモデル3台をオフィシャルカーとして提供します。
 
『エクリプス クロス』ジャパンサイクルリーグ仕様車
 
レース時の審判車両として走行する際は、排出ガスを出さないクリーンなEV走行モードで伴走し選手に配慮します。また、全国レース会場への移動時は、静かで滑らかなモータードライブと運転支援システムにより長距離運転の疲労を軽減、広いラゲッジスペースには備品など多くの荷物を積載できます。
 
『エクリプス クロス』のPHEVモデルは「日常はEV、遠出はハイブリッド」として、力強く滑らかなEVならではの走りを心ゆくまで楽しむことができます。ガソリンを使わずにモーターで走るEV走行モードでは57.3km(EV航続距離、WLTCモード)走行することができ、バッテリー残量が少なくなるとエンジンで発電しながら走るシリーズ走行モードに移行します。また、先行車の加速・減速・停止に対応して追従走行をサポートするレーダークルーズコントロールシステム[ACC*1]や車線逸脱警報システム[LDW*2]などの運転支援システムも搭載しています。
 
三菱自動車はJCLのパートナーとして本活動を通じ、スポーツの振興・活性化に貢献してまいります。
 
*1 ACC:Adaptive Cruise Control
*2 LDW:Lane Departure Warning
 
ご参考:
『エクリプス クロス』は三菱自動車らしさを追求したスタイリッシュなクロスオーバーSUVで、2017年の発売開始以来、好評を博してきました。2020年にはフロントとリヤのデザインを⼀新し、上質感を高めながら流麗なフォルムとしたほか、荷室容量を拡大してSUV としての使い勝手を高めました。またツインモーター4WD方式のPHEVシステムを搭載し、爽快感のあるモータードライブを、安心・安全に楽しむことができます。

画像ダウンロード

  • 『エクリプス クロス』ジャパンサイクルリーグ仕様車