2021年05月28日

企業

三菱自動車、新型コロナウイルスワクチン接種支援車両として『アウトランダーPHEV』を愛知県岡崎市ほか5自治体へ貸与

三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長兼最高経営責任者:加藤 隆雄、以下三菱自動車)は28日、当社の生産・開発拠点を有する愛知県岡崎市(市長:中根 康浩氏)に新型コロナワクチン接種支援車両として、プラグインハイブリッドEV『アウトランダーPHEV』を無償貸与しました。岡崎市役所で同日に行われた感謝状贈呈式には、中根市長および当社社長の加藤が出席しました。
 
式典にて、中根市長は「非常時の電源としても活用することができる『アウトランダーPHEV』を無償で貸与していただいたことにより、これから新型コロナウイルスのワクチン接種を本格的に進めていくにあたり、大変心強い限りです」とコメントしました。
 
当社社長の加藤は「当社の開発・生産拠点がある岡崎市とは日頃から活発なコミュニケーションがあり、今回の貸与につながりました。『アウトランダーPHEV』の能力・機能が自治体の活動の一助となれることを大変嬉しく思います」と述べました。
 
また、5月11日には滋賀県湖南市(京都製作所滋賀工場の所在地)、12日には岡山県総社市と倉敷市(水島製作所の所在地)、21日には北海道音更町(十勝研究所の所在地)と愛知県蒲郡市(完成車の輸出港)といった、当社に関連する各自治体へ無償貸与しました。
 
(左から)岡崎市の中根康浩市長、三菱自動車社長の加藤隆雄
 
『アウトランダーPHEV』は、給電機能*1を用いてラゲッジルーム内の冷凍庫へ給電し、移動中にワクチン輸送用保冷剤を冷却するほか、複数会場で同時に実施される公共施設型接種でのワクチン・設営資材などの運搬や、万一停電が発生した際のバックアップ電源としての役割が期待されています。
 
本取り組みは、当社が2019年8月から推進している「DENDOコミュニティサポートプログラム*2」の一環として岡崎市などに賛同いただき実現したものです。当社は今後も「DENDOコミュニティサポートプログラム」の推進を通じ、「モビリティの可能性を追求し、活力ある社会をつくる」というビジョンの実現を目指します。
 
*1:標準装備。AC100V、最大1500Wの給電が可能。
*2:電動車両を活用した自治体への支援活動