2021年05月28日

企業

三菱自動車、愛知県岡崎市と「スポーツ振興に関する協定」を締結
~硬式野球部がスポーツ振興などで協力~

三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長兼最高経営責任者:加藤 隆雄、以下三菱自動車)は28日、愛知県岡崎市(市長:中根 康浩氏)と「スポーツ振興に関する協定」を締結しました。本協定は、岡崎市と三菱自動車が野球をはじめとしたスポーツ関連の分野で多様な連携を通じて協働することにより、地域社会の活性化や岡崎市民の健康づくりの推進に貢献することを目的としております。岡崎市役所で行われた締結式には、中根市長および当社社長の加藤、三菱自動車岡崎製作所長の西山 (よし)(ひろ)が出席しました。
 
(左から)三菱自動車社長の加藤隆雄、岡崎市の中根康浩市長
 
本協定では、当社岡崎硬式野球部が岡崎中央総合公園野球場を活動拠点として利用することや、同野球部が岡崎市内で野球を通じた青少年および指導者の育成に関わることなどを連携事項として定めています。また、野球以外のスポーツ振興活動にも積極的に関わります。
 
式典にて、岡崎市の中根市長は、「三菱自動車様から硬式野球部による地域貢献についてお申し出をいただき、この協定締結に至りました。この協定締結を機に、硬式野球部の皆さんと共に市民の連帯感やスポーツ機運を醸成し、本市のさらなるスポーツ振興を進めてまいります」と述べました。
また、当社社長の加藤は「岡崎市には当社の主要生産拠点である岡崎製作所、開発の拠点となる技術センターが立地し、地域の皆様に支えられて事業活動を行っております。本協定の締結を機に、当社硬式野球部による野球教室などを通じて市民の皆様との交流を深め、岡崎市がスポーツの町として発展することに寄与してまいります」と述べました。
 
三菱自動車は、今後も様々な分野で全国の自治体と連携しながら、活力ある社会の実現に貢献してまいります。