2021年02月19日

企業

三菱自動車、タイの生産工場で大規模太陽光発電設備の稼働を開始

三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役CEO:加藤 隆雄、以下三菱自動車)は、タイにおける生産・販売会社であるミツビシ・モーターズ・タイランド(MMTh)のレムチャバン工場で大規模な太陽光発電設備の稼働を開始しました。
 
現地の生産・販売会社であるミツビシ・モーターズ・タイランド(MMTh)は、現在、同国チョンブリー県レムチャバンに生産工場とエンジン工場を有し、海外における当社最大の生産拠点です。今回導入した5メガワット(MW*1)の容量の太陽光発電設備に加え、今後増設予定の2MWの容量の太陽光発電設備により、生産活動に伴うCO2排出を年間で6,100トン以上削減できる見込みです。
 
三菱自動車は、昨年11月に発表した環境への取り組みの方向性と目標を定めた「新環境計画パッケージ」の中で「環境ターゲット2030*2」に基づき、事業活動によるCO2削減目標を2014年度比40%削減の達成に向けた取り組みを進めています。その一つとして、生産活動によるCO2排出低減のため、再生可能エネルギーの導入を促進しており、太陽光発電設備などの導入により、低炭素でクリーンな自動車生産を行う環境の整備を目指しています。
 
三菱自動車は今後も国内外の生産拠点で大規模な太陽光発電設備を導入する予定です。
 
<MMThレムチャバン工場に設置した太陽光発電設備>
 
*1:1MW=1,000kW
*2:2050年CO2排出ネットゼロ社会の実現に貢献するため、2030年までに取り組むべき項目を明確にした目標