2020年12月24日

商品

三菱自動車、『eKクロス』『eKクロス スペース』の安全装備を充実させた特別仕様車「G Plus Edition」を発売

三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役CEO:加藤 隆雄、以下三菱自動車)は、軽ハイトワゴン『eKクロス』と、軽ス―パーハイトワゴン『eKクロス スペース』に安全装備を充実させ、お求めやすい価格とした特別仕様車「G Plus Edition」を、12月24日(木)から全国の系列販売会社で販売を開始します。メーカー希望小売価格は、『eKクロス』1,617,000円~1,749,000円、『eKクロス スペース』1,826,000円~1,958,000円(消費税10%込)。
 
『eKクロス スペース』『eKスペース』は、2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤー*1に新たに創設された、総合的に優れた軽自動車を選出する部門賞である「K CAR オブ・ザ・イヤー」を受賞*2しました。『eK』シリーズは来年、初代『eKワゴン』の発売から20周年を迎えます。その時代に求められる「いい軽」を追求してきました。これまで累計110万台以上(2020年11月時点)を販売し、多くのお客様にお乗りいただいています。
 

  • eKクロス
    「G Plus Edition」
     

  • eKクロス スペース
    「G Plus Edition」
     
1.  商品概要
(1)特別仕様車「G Plus Edition」の商品特長
<eKクロス・eKクロス スペース共通>
  • 「G」グレードをベースに、マルチアラウンドモニター(移動物検知機能付)と、自動防眩ルームミラー(マルチアラウンドモニター付)を標準装備し、安全性を向上させました。
  • 専用ディーラーオプションとして、夜間乗車時の室内や車外の視認性を高め、白く鮮やかな光が上質感を演出するLEDパッケージを設定しました。
 
<eKクロス スペース>
  • 「メーカーオプション設定の運転席側ハンズフリーオートスライドドアと、リヤサーキュレーター(プラズマクラスター*3付)やリヤロールサンシェードなど後席の使い勝手や快適性を高める後席パッケージA*4を標準装備し、利便性を高めました。
 
(2)『eKクロス』『eKワゴン』『eKクロス スペース』『eKスペース』
一部改良の変更点
<全車共通>
  • メーカーオプションの設定を見直しました。
<eKワゴン>
  • ボディカラーでご要望の多かったレッドメタリックを新しく追加し、全8色展開としました。
 
*1:日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会が主催
*2:日産『ルークス』と同時受賞
*3:本商品にはシャープ株式会社のプラズマクラスター技術を搭載しています。プラズマクラスターロゴ(図形)およびプラズマクラスター、Plasmaclusterはシャープ株式会社の登録商標です。
*4:後席パッケージA
助手席シートバックテーブル(コンビニエントフック付)、リヤサーキュレーター(プラズマクラスター付)、リヤロールサンシェード、樹脂ラゲッジボード&PVC後席シートバック
 
2.メーカー希望小売価格
(リサイクル料金、保険料、消費税を除く税金、登録・届出等に伴う費用は含まれません)
<特別仕様車>
車種
グレード
エンジン
変速機
駆動
方式
車両本体価格
(消費税込)
eKクロス
G Plus
Edition
DOHC 12バルブ
3気筒
(ハイブリッド)
CVT
2WD
1,617,000円
4WD
1,749,000円
eKクロス
スペース
2WD
1,826,000円
4WD
1,958,000円
 
<eKクロス、eKワゴン>※価格据え置き
車種
グレード
エンジン
変速機
駆動
方式
車両本体価格
eKクロス
M
DOHC 12バルブ3気筒
(ハイブリッド)
CVT
2WD
1,463,000円
4WD
1,595,000円
G
2WD
1,606,000円
4WD
1,738,000円
T
DOHC 12バルブ  3気筒
インタークーラー付
ターボチャージャー
(ハイブリッド)
2WD
1,688,500円
4WD
1,820,500円
eKワゴン
M
DOHC 12バルブ
3気筒
2WD
1,325,500円
4WD
1,457,500円
G
2WD
1,408,000円
4WD
1,540,000円
 
<eKクロス スペース、eKスペース>※価格据え置き
車種
グレード
エンジン
変速機
駆動
方式
車両本体価格
eKクロス
スペース
M
DOHC 12バルブ  3気筒
 (ハイブリッド)
CVT
2WD
1,655,500円
4WD
1,787,500円
G
2WD
1,771,000円
4WD
1,903,000円
T
DOHC 12バルブ  3気筒
インタークーラー付
ターボチャージャー
(ハイブリッド)
2WD
1,859,000円
4WD
1,991,000円
eK
スペース
M
DOHC 12バルブ  3気筒
 (ハイブリッド)
2WD
1,399,200円
4WD
1,531,200円
G
2WD
1,542,200円
4WD
1,674,200円
T
DOHC 12バルブ  3気筒
インタークーラー付
ターボチャージャー
(ハイブリッド)
2WD
1,635,700円
4WD
1,767,700円
 
【『eK』シリーズについて】
軽自動車『eK』シリーズは来年、初代『eKワゴン』の発売から20周年を迎えます。『eK』のネーミングは、ながく愛される真に「いい軽(eK)」を創ろうと発足した「eKプロジェクト」から命名。初代では『eKワゴン』のほか、スポーツモデルの『eKスポーツ』やシック&モダンな『eKクラッシィ』、SUVテイストの『eKアクティブ』をラインアップしました。2代目『eKワゴン』では軽ボンネット車初となる後席スライドドアを装備。3代目『eKワゴン』では居住空間を拡大して利便性を高めた兄弟車『eKスペース』を設定するなど、その時代に求められる「いい軽」を追求してきました。
 
現在販売している4代目『eKクロス』『eKワゴン』は、2020年次「RJCカーオブザイヤー」、2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤー「スモールモビリティ部門賞」を受賞、軽自動車を超えた走りと快適性、先進安全性能などが高く評価されました。また令和元年度自動車アセスメント(JNCAP*5)においても、予防安全性能評価の最高評価となる「ASV+++」と、衝突安全性能評価の最高評価となる「5★」を獲得し、高い安全性能が評価されました。
また2020年3月に発売した軽スーパーハイトワゴン『eKクロス スペース』『eKスペース』は、三菱自動車らしい個性的なデザインや使い勝手がよく快適な室内空間に加え、先進の運転支援技術と安全装備を特長としています。
なお、『eKクロス』『eKワゴン』は2019年度に、『eKクロス スペース』『eKスペース』は2020年度に、それぞれ「グッドデザイン賞*6」も受賞しました。
 
*5:国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)によって行われる自動車アセスメント(Japan New Car Assessment Program)の略称。
*6:グッドデザイン賞は、1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を発端とする、日本唯一の総合的なデザイン評価・推奨の運動です。
 
<『eKクロス』特別仕様車「G Plus Edition」車種サイトはこちら>
<『eKクロス スペース』特別仕様車「G Plus Edition」車種サイトはこちら>
<『eKクロス』の車種サイトはこちら>
<『eKクロス スペース』の車種サイトはこちら>
<『eKワゴン』の車種サイトはこちら>
<『eKスペース』の車種サイトはこちら>