2019年05月20日

イベント

三菱自動車、自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2019横浜」で電動車の新たな価値を提案

三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、取締役会長CEO:益子 修、以下三菱自動車)は、5月22日(水)~24日(金)にパシフィコ横浜(神奈川県横浜市西区)で開催される自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2019横浜」(主催:公益社団法人自動車技術会)に出展します。
 
開催テーマである「新たな自動車技術が支える地域創生」のもと、プラグインハイブリッドEV(PHEV)『アウトランダーPHEV』2019年モデルに採用したPHEVシステムの技術紹介と、年内にサービス開始を予定している「電動DRIVE HOUSE」を紹介し、生活をより豊かで便利にする電動車の新しい価値を提案します。
 

  • 『アウトランダーPHEV』

  • 三菱自動車ブースデザイン
 

  • 「電動DRIVE HOUSE」
 
1.『アウトランダーPHEV』技術特長を展示
三菱自動車ブースでは昨年に大幅改良した2019年モデル『アウトランダーPHEV』の技術特長をシャシーモデルやパネル解説により紹介します。
<大幅改良のポイント>
  • バッテリー容量を15%増やし、EV航続距離を60.8km*1から65.0km(JC08モード*2)に伸長するなど、PHEVシステムの主要構成部品の約9割を改良し、より滑らかで力強く静かな走りを実現
  • 車体剛性を高め、ショックアブソーバーとステアリングギヤを改良し、走行時の質感を向上
  • 2種類のドライビングモード(SPORT、SNOW)を追加し、車両運動統合制御システム「S-AWC(Super All Wheel Control)」の性能を向上
*1: 標準グレード値。グレードにより60.2kmもあり。
*2: JC08モード燃費:国土交通省により定められた試験条件のもとでの値。
 
2.「電動DRIVE HOUSE」コンセプトを展示
電動車の購入とあわせてV2H*3を中心とした家庭用システムをお客様にご案内する新しいサービス「電動DRIVE HOUSE」を紹介します。システム機器をブース内に設置し、太陽光発電機器による電動車への充電、電動車から家庭への電力供給などを説明します。
 
「電動DRIVE HOUSE」とは、太陽光発電機器やV2H機器などで構成するシステムをワンパッケージ化し、さらに設置工事やアフターメンテナンスなどを一括してお客様にご案内*4するものです。電気代や燃料代の節減、緊急時の非常用電源としての利便性、環境への配慮など、電動車を中心とした新しいエネルギーサイクルを提案します。
*3: Vehicle to Homeの略で、EVやPHEVに蓄えた電気を家庭で使う仕組みのこと。
*4:販売、設置工事、アフターメンテナンスは協業先による対応を2019年内に開始予定。
 
3.試乗体験コーナーに『アウトランダーPHEV』、新型『デリカD:5』を出品
主催者企画である最新技術搭載車の試乗体験コーナーに『アウトランダーPHEV』と新型『デリカD:5』を出品します。
『アウトランダーPHEV』の進化したツインモーター4WDによる「力強い加速感」と車両運動統合制御システム「S-AWC」による「安心かつ軽快なハンドリング」、そして今年2月に発売した新型『デリカD:5』のパワフルかつ環境に優しいクリーンディーゼルエンジン、その高いトルクを滑らかにつなぐ8速スポーツモードA/Tによる、上級感ある走りを体感いただきます。
 
「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2019横浜」概要
開催時期
2019年5月22日(水)~5月24日(金) 10:00~18:00(25日(金)のみ~17:00)
会場
パシフィコ横浜・展示ホール
〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1
入場料
無料(登録制/事前・当日)
主催
公益社団法人自動車技術会
公式サイト