2019年04月11日

企業

三菱自動車、プラグインハイブリッドEV『アウトランダーPHEV』のグローバル累計販売台数20万台を達成

三菱自動車は、プラグインハイブリッドEV『アウトランダーPHEV』のグローバル販売台数が、2013年に発売開始以来、累計で20万台を達成したと発表しました。
 
『アウトランダーPHEV』は、世界的にEV需要が高まる中、SUVのプラグインハイブリッドEVとして他社に先駆けて発売した三菱自動車が誇るフラッグシップモデルであり、プラグインハイブリッドEVシステムは三菱自動車における商品戦略上のコア技術です。
 
2013年に日本で販売を開始し、これまで世界50か国以上で販売されています。また『アウトランダーPHEV』は世界で最も売れているプラグインハイブリッド車であり、また欧州では2015年から4年連続でプラグインハイブリッドカテゴリーの販売でトップ*1となりました。
 
*1…JATO Dynamics Limited調べ
 

  • 『アウトランダーPHEV』
 
世界に認められた『アウトランダーPHEV』の技術
『アウトランダーPHEV』は、『i-MiEV』で培われた電動車両技術、『ランサーエボリューション』で鍛えた車両運動統合制御技術、『パジェロ』で築いた4WD/SUV技術を融合した、三菱自動車の技術の結晶です。
 
また、2018年に発売の現行型*2では、バッテリー容量(+15%)、バッテリー出力(+10%)、リヤモーター出力(+17%)をそれぞれ向上させることにより、EV航続距離が65㎞(JC08モード)/57.6 km(WLTCモード)に伸長するなど、PHEVシステムの主要構成部分の約9割を改良したことで、より“EVらしい”走りを実現しました。さらに「SPORT」モード、「SNOW」モードを追加することで、よりダイナミックで、より安心な走りを可能にしました。
 
各国のお客様から好評頂いている『アウトランダーPHEV』は、2013-2014年日本カー・オブ・ザ・イヤー「イノベーション部門賞」、2014年「RJCテクノロジー・オブ・ザ・イヤー賞」のダブル受賞をはじめ、2018年には米国Green Car Journal誌の「ベスト・SUV・オブ・ザ・イヤー賞」、2018年には英国COMPANY CAR and VAN誌の「2019ベスト・プラグイン・ビークル賞」に選ばれるなど、各国で数々の賞を受賞しています。
 
*2…日本及び、欧州仕様のみ