2018年08月03日

企業

ベトナムで販売・サービスのトレーニングセンターを開設

 
三菱自動車は本日、ベトナム社会主義共和国で車両の製造・販売を行っているミツビシ・モーターズ・ベトナム・カンパニー・リミテッド(以下、MMV)が、現地販売会社スタッフ及びMMV社員のトレーニングを目的としたトレーニングセンター(以下、本センター)をMMVのビンズオン工場*内に開設し、現地で記念式典を開催したことを発表しました。
* ベトナム南部。ホーチミン市に隣接するビンズオン省に立地
 
式典にはMMVの堀之内兼一社長の他、地元自治体や現地販売会社から関係者が出席しました。
 
サービスの品質とお客様の満足度を向上するため、本センターでは、サービストレーニングコースの数をこれまでの17から28に、セールストレーニングのコースを6から21に増加させます。
 
また、本センターには新しい部品倉庫も設置されており、保管容量はこれまでの700立方メートルから2,700立方メートルに増加します。これにより、現地販売会社がより多くの部品在庫を利用することが可能になり、お客様へのサービスをさらに向上させることができます。
 
式典でMMVの堀之内社長は「本センターは、販売会社やMMVの社員に知識とスキルを学んでもらい、お客様に新しい価値を提供するために重要な役割を果たします」と話しました。
 
三菱自動車は、本年タイとフィリピンにも同様のトレーニングセンターを開設しました。本センターはASEAN地域で3箇所目に開設された本格的なトレーニングセンターとなります。三菱自動車は、充実したトレーニングを通じてサービス品質やお客様の満足度を向上し、ASEAN地域で引続き事業を拡大して参ります。