2018年06月04日

企業

ミツビシ・モーターズ・タイランド、累計生産台数500万台を達成

三菱自動車は、本日、タイ王国における生産・販売会社であるミツビシ・モーターズ・タイランド(MMTh)での累計生産台数が500万台を達成し、同国レムチャバンにあるMMThの工場で記念式典を開催したことを発表しました。
 
式典には、タイのソムキット・チャトゥシーピタック副首相、在タイ日本国大使館の佐渡島志郎 特命全権大使、三菱自動車の益子修CEOの他、多くの関係者が出席しました。
 
益子修CEOは、「三菱自動車が事業を始めて以来の、タイ政府や関係者の皆様によるご支援に感謝します」と述べた上で、「タイのマーケットには常に成長の可能性があります。政府による自動車産業を成長させるための長期的政策も、三菱自動車の事業にとって大変心強いものです」と話しました。
 
三菱自動車は1961年にタイで操業を開始し、2003年に100万台、2010年に200万台、2013年に300万台、2015年に400万台の生産を達成しました。また、今回500万台目に生産された車両はミッドサイズSUV『パジェロスポーツ』でした。
 
MMThからの車両の輸出先は世界120カ国以上に及んでおり、500万台のうち370万台が海外市場に輸出されています。MMThは三菱自動車の重点地域であるASEANにおける生産・輸出拠点として、引続き事業を牽引していきます。
 
 
【MMThの概要】
  • 設立年月日:
  • 1987年1月
  •  
  • 本社所在地:
  • FYI Center Tower 1, 9th Floor, 2525 Rama IV Road, Klong Toei, Klong Toei, Bangkok 10110
  •  
  • 工場所在地:
  • Laem Chabang Industrial Estate, 199 Mu 3, Tambol Tungsukhla, Amphur Siracha, Chonburi 20230
  •  
  • 代表者:
  • 一寸木 守一 (ちょっき もりかず)取締役社長 兼 CEO
  •  
  • 資本金:
  • 70億バーツ
  •  
  • 従業員数:
  • 6,653名(2018年3月時点)
  •  
  • 生産能力:
  • 424,000台
  •  
  • 生産車種:
  •   第1工場 -『パジェロスポーツ』
      第2工場 -『トライトン』
      第3工場 -『ミラージュ』『アトラージュ』
  •