2018年03月28日

企業

『エクスパンダー』がインドネシアでカー・オブ・ザ・イヤーを受賞

三菱自動車は本日、次世代クロスオーバーMPV(多目的車)『エクスパンダー』が、インドネシア共和国の自動車専門紙OTOMOTIFが主宰するカー・オブ・ザ・イヤー2018にて、最高賞であるカー・オブ・ザ・イヤーを受賞したことをお知らせいたします。
 
『エクスパンダー』は、MPVの居住性・多用途性とSUVのスタイリング・走行性能を融合させたクルマであり、昨年9月に販売を開始して以来、インドネシアのお客様にご好評を頂き、これまでに約6万台の受注を獲得しています。
 
また、カー・オブ・ザ・イヤー2018においては、『エクスパンダー』が部門賞であるベスト・オブ・ザ・ベスト MPVとベスト・オブ・スモール・MPVを併せて受賞しました。
 
三菱自動車の益子修CEOは、「インドネシアの皆様に『エクスパンダー』を受け入れて頂いたこと、並びにOTOMOTIFよりカー・オブ・ザ・イヤーを授与頂いたことに感謝いたします。
『エクスパンダー』の成功は、ビジネスパートナーの皆様や、現地で製造・販売に関わる仲間全てが協力したことによるものです。当社が技術の粋を集めたこのクルマを、引続きインドネシアの皆様にお届けして参ります」としました。
 
OTOMOTIFのPanji Maulana編集長は「カー・オブ・ザ・イヤーは(車種やテーマ毎に選出される)各部門の受賞車の中から選出されます。審査にあたっては販売台数、地域社会への関わり、金銭的価値などを考慮に入れます。 『エクスパンダー』は2018年の価値ある勝利者です」と述べました。