2018年01月24日

企業

三菱自動車、『アウトランダー』をベトナムで現地生産開始
~SUVの現地生産拡大によりアセアン事業を強化~

三菱自動車は、1月23日にベトナム社会主義共和国でミッドサイズSUV『アウトランダー』の現地生産を開始し、同国で車両の製造・販売を行っているミツビシ・モーターズ・ベトナム・カンパニー・リミテッド(MMV)のビンズオン工場(ベトナム南部。ホーチミン市に隣接するビンズオン省)にて記念式典を開催しました。
 
『アウトランダー』はビンズオン工場の主力生産車種として、同国内で販売していきます。これにより同国のお客様に信頼性の高く、三菱自動車が得意とするSUVを速やかに提供することができます。
 
MMVの堀之内兼一社長は、式典で「『アウトランダー』はベトナムのお客様から高い評価を頂いております。MMVは日本製と同様の品質を再現するため、現地の従業員や日本の技術者と共に努力を重ね、現地生産を始めることが出来ました」 としました。
 
また、「三菱自動車はベトナムで23年以上に渡って事業を営んで来ました。ビンズオン省にて工場操業を開始して20年以上が経過しています。 『アウトランダー』が同国を代表するクルマになって自動車産業の育成に貢献できることを願っています」と言い添えました。
 
同国において現地生産による『アウトランダー』を新たに投入することで、三菱自動車はSUV市場が急成長するアセアン地域でのプレゼンスを拡大し続けて参ります。