テクノロジー

「行動範囲を広げたい、さまざまなことに挑戦したい」という想いに応える三菱自動車のテクノロジー

三菱自動車のクルマづくりは1917年の三菱A型を起点とし、戦後から高度経済成長にかけて商用車や四輪駆動車などプロユースに対応していく中で、信頼性や走破性を中心に技術を培っていきました。走破性を追求した四輪駆動車に乗用車の快適性を融合させた『パジェロ』をはじめ、『デリカ』や『RVR』などの新しいジャンルの商品を生み出し、80~90年代のRVブームを牽引。クルマを通じて大自然を家族で楽しむカーライフを提案しました。一方、電気自動車の研究開発は60年代に始まり、2009年に発売した世界初の量産電気自動車『アイ・ミーブ』で結実。このEV技術に4WD技術を高次元で融合させたのが、SUVタイプのプラグインハイブリッドEV『アウトランダーPHEV』です。電動車ならではの走りを心行くまま楽しめる、電気の力で高度化された4WDによって、誰もが安心して楽しめる。三菱自動車のテクノロジーは「行動範囲を広げたい、さまざまなことに挑戦したい」 というドライバーの想いに応え、乗る人のすべてに安心安全で歓びに満ちたカーライフを提供します。

最先端テクノロジー

安全テクノロジー coming soon