MI-PILOT

高速道路の長距離走行や単調な渋滞走行でのストレスを低減し、もっとロングドライブを楽しむことができる運転支援システム「MI-PILOT(マイパイロット)」

三菱自動車は、ドライバーの運転負担を軽減して運転ミスをカバーする運転支援技術の開発に早くから取り組み、90年代にはレーザーレーダーで先行車との車間距離を調整し走行する、現在主流となっているレーダークルーズコントロール機能など、多くの運転支援技術を世界に先駆けて実用化してきました。
さらに、レーダー、カメラなどを使った運転支援システムの開発はもちろんのこと、クルマの安定性を向上させる四輪制御技術などと組み合わせ最適化を図ることで、通常走行から運転支援システムを使った走行まで、様々なシーンにおいてドライバーの運転負担を軽減し、安心・快適に運転できる三菱自動車らしい運転支援技術を追求してきました。
そして、その一つの答えが「MI-PILOT(マイパイロット)」です。カメラとレーダーを用い、アクセル、ブレーキ、ステアリングのすべてを自動で制御することによって、高速道路の長距離走行や渋滞走行時に感じていた運転操作のストレスを低減し、安心して楽しいロングドライブができるようにサポートします。
三菱自動車は「MI-PILOT」などの運転支援技術で、誰もがより安心・快適に移動できる社会の実現に貢献します。


MI-PILOTとは

マイ パイロット

MI-PILOT = 高速道路 同一車線 運転支援システム

(Mitsubishi Intelligent - PILOT)

主に高速道路などの自動車専用道路で同一車線内(1つの車線内)において運転を支援するシステムです。

特長

高速道路などの自動車専用道路で負担を感じるシーンにおいて運転の負荷を軽減します。


長距離走行

渋滞走行

機能

  • 設定した車速(約30~100km/h)を上限に、先行車との車間距離を保つように制御します。
    (約30km/h以下では先行車がいる場合のみ作動します)
  • 停止中も停止状態を保持します。
  • 車線中央を走行するようにステアリングを制御します。(約50km/h以下では先行車がいる場合のみ作動します)