ページの先頭です

ホーム > 企業情報・投資家情報 > プレスリリース > 新車

新車



2006年05月30日
三菱自動車、『ミニキャブバン』『ミニキャブトラック』に40周年記念の特別仕様車を設定



ミニキャブバン
「40周年記念スペシャル」



ミニキャブトラック
「40周年記念スペシャル」

三菱自動車は、初代モデル登場から今年で生誕40周年を迎える軽商用車『ミニキャブバン』『ミニキャブトラック』に、特別仕様車「40周年記念スペシャル」(2WD/4WD、バン1,029,000円~1,218,000円/トラック756,000円~982,800円:消費税込)を設定して、5月30日(火)から全国の系列販売会社より発売する。

『ミニキャブ』は、当時主流になりつつあったキャブオーバータイプの軽4輪トラックとして'66年8月に初代モデルを発売、'68年2月にバン仕様が追加された後、お客様の使用ニーズを取り込んだ商品強化や耐久性のレベルアップなどを継続的に実施し、'99年1月発売の現行モデル(7代目)に至る。現在までの累計生産台数は300万台を越えており、軽商用車の定番モデルとして、全国の多くのお客様にご愛用いただいている。

この長年に渡るお客様のご愛顧に感謝を込めて、初代登場から40年という節目にあわせて、『ミニキャブバン』『ミニキャブトラック』に特別仕様車「40周年記念スペシャル」を設定した。メッキグリルや木目調センターパネルといった専用の外観・内装を施すとともに、バンではフロントパワーウインドウやキーレスエントリーシステム、プライバシーガラスなど便利な機能も充実させつつ、ベース車からの価格アップを極力抑えた、お買い得な特別仕様車とした。

  1. 『ミニキャブバン』『ミニキャブトラック』特別仕様車「40周年記念スペシャル」 商品概要

    メッキフロントグリル、ハウジング部を光輝タイプとしたヘッドランプに加えて、ボディ同色(ホワイトソリッド)の大型ドアミラーを採用し、特別感のある外観を演出した。
    内装では、シート生地をファブリック化するとともに、インパネのセンターパネルを木目調とし、乗用車テイストの仕上がりとした。
    バンにおいては、フロントドアのパワーウインドウ化や、従来はメーカーオプションとして設定している、キーレスエントリーシステム、プライバシーガラス(スライドドア/クオーター/テールゲート)、スピーカー内蔵AM/FMラジオを標準装備として、機能面を更に充実させた。

  2. 販売概要

  3. (1) 販売目標台数
    バン/トラック 各1,000台(5月~12月予定)
     
    (2) 取り扱い販売会社
    全国の系列販売会社
     
    (3) メーカー希望小売価格
    (リサイクル料金、保険料、消費税を除く税金、登録等に伴う費用は含まれない)
     
    ミニキャブバン「40周年記念スペシャル」
    【単位:円】
    ベース車 エンジン 変速機 駆動方式 メーカー希望小売価格
    (車両本体、消費税込)
    CD(ハイルーフ) 0.66L SOHC
    12バルブ 3気筒
    ECI-MULTI
    5M/T 2WD 1,029,000
    4WD 1,155,000
    3A/T 2WD 1,092,000
    4WD 1,218,000
     
    ミニキャブトラック「40周年記念スペシャル」
    【単位:円】
    ベース車 エンジン 変速機 駆動方式 メーカー希望小売価格
    (車両本体、消費税込)
    VX-SE(エアコン付) 0.66L SOHC
    12バルブ 3気筒
    ECI-MULTI
    5M/T 2WD 756,000
    4WD 914,550
    3A/T 2WD 824,250
    4WD 982,800

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る