ページの先頭です

ホーム > 企業情報・投資家情報 > プレスリリース > モータースポーツ

モータースポーツ



2003年01月20日
三菱、パリダカ3連勝!「チームENEOS三菱ラリーアート」
三菱パジェロエボリューション 増岡浩、2連覇達成!
三菱車1,2,3,4位独占


2003年ダカールラリー  三菱パジェロエボリューション

2003年ダカールラリー(正式名称テレフォニカ・ダカール2003/通称パリダカ)は1月19日(日)、最終レグのシャルムエルシェイクで56キロ(うちSS=競技区間34キロ)を行い、増岡浩(三菱パジェロエボリューション=42才)が16カ所のSS合計49時間8分52秒で走り、昨年についで2連勝、ジャンピエール・フォントネ(フランス、三菱パジェロ)、ステファン・ペテランセル(フランス、三菱パジェロエボリューション)、カルロス・スーザ(ポルトガル、三菱ストラーダ)と三菱はトップ4を独占した。

■増岡、日本人初のパリダカ2連覇達成
増岡のパリダカV2は、バタネン、ラルティーグ、シュレッサーに次いで25年のパリダカ史上4人目。日本人としては初の快挙。三菱自動車としては1983年のパリダカ初参戦以来通算8度目の総合優勝となった。

■"涙の表彰台から笑顔一杯"増岡浩のコメント
昨年、ダカールの表彰台の上では、涙で言葉が途切れがちだったが、今日は晴れやかな表情だ。「今年はラリー半ばのシワ(13日)以降、ずっと我慢の走りでした。同じチームでペテランセルと競り合いが続き、それが行き過ぎると同士討ちみたいになります。2位確保は私のプロ・ドライバーとしての仕事でした。しかし、ラリーはなにがあるか分からない、それを自分の体で知っています。勝てるチャンスのある範囲でじっと我慢、我慢の後半でした」。
25分差で最後のロングSS。ペテランセルに予期しないラジェーターの水漏れが発生。修復に20分を使ったことで、優勝確実と見られた、2輪6勝のベテランの心に混乱が生まれた。
「レースを失うかと思った。アクセル全開で走った」とペテランセル。それがクラッシュ、そして大幅なタイムロスとなって、大逆転につながった。
「もし私が諦めて、1時間以上も遅れていたら、ペテランセルもスパートせずに落ち着いていられたでしょう。我慢、忍耐の1週間が生きました」。
「ペテランセルも"2年前のツケを取り戻したな"と昨夜言っていました。いい関係です」。 日本の家族には既に電話した。涙の優勝から笑顔の勝利。増岡は強さ、逞しさを増して、さらなる勝利へと向かう。

■ 三菱自動車社長 ロルフ・エクロートコメント
「世界で最も過酷な自動車競技での3年連続の総合優勝は三菱自動車の優秀さを示します。」と三菱自動車の社長兼最高経営責任者のロルフ・エクロートは語った。「三菱自動車は、将来においても、多数のライバルがひしめくオフロード車の中で絶えず先頭を走り続けることを約束します。そして、我々の絶え間ない、より優れた性能を追求する情熱は、最終的にはお客様の利益になることでしょう。」

 

最終総合成績(暫定)

順位
ドライバー
車両(カッコ内は部門)
タイム
1
増岡 浩 三菱パジェロエボリューション(2)
49時間08分52秒
2
J-P・フォントネ 三菱パジェロ(2)
1時間52分12秒
3
S・ペテランセル 三菱パジェロエボリューション(2)
2時間16分28秒
4
C・スーザ 三菱ストラーダ(2)
2時間27分47秒
5
G・ドゥビリエ 日産ピックアップ(2)
2時間45分55秒
6
S・アンラール VW・ターレック(2)
3時間42分15秒
7
A・バタネン 日産ピックアップ(2)
4時間25分59秒
8
J・クラインシュミット VW・ターレック(2)
8時間16分56秒
9
L・アルファン BMW・X5(2)
8時間56分06秒
10
J-L・モンテルド 三菱パジェロ(2)
9時間08分19秒
     
1位のタイムは第2レグSS2からのSS合計所要時間とペナルティーの合計、
2位以下のタイムはトップとの差
(2)スーパープロダクション部門

以上


ページの終わりです
ページの先頭へ戻る