ページの先頭です

ホーム > 企業情報・投資家情報 > プレスリリース > モータースポーツ

モータースポーツ



2002年06月11日
三菱自動車社員「篠塚建次郎」が退職

パリ・ダカールラリーでの日本人初の総合優勝をはじめ、国内外のモータースポーツ界に多大な貢献を果たした、三菱自動車社員「篠塚建次郎」(53才)が、来る7月10日付をもって同社を退職することとなりましたので、ご連絡申し上げます。

三菱自動車およびラリーアート・モータースポーツ関係者は、同社員の永年の功績に敬意を表すると共に、2002年3月のクロスカントリー・ワールドカップ「イタリアン・バハ」終了後の総合的な判断から同社員の安全を最優先に考慮し、これまでのラリードライバーとしての経験を生かし、ラリーを強力に側面支援するチーム管理責任者などに転進させることで話し合いをしてきました。しかしながら、本人の「あくまで現役ドライバーとしての活動を続けたい」との強い意向を受理し、円満退社の運びとなりました。

 

[ 篠塚建次郎・しのづか けんじろう ]
1948年11月20日、東京・大田区生まれ。
1971年、三菱自動車に入社。宣伝、営業、商品企画、海外関係の業務のかたわら、 1991年・1992年WRC(世界ラリー選手権)アイボリーコーストラリーで2連勝、1997年パリ・ダカールラリーでは日本人初の総合優勝を果たすなど国内外のラリー競技で活躍。その後、パリ・ダカをはじめとするクロスカントリーラリーへの参戦に専念する為、2000年からMMSE(欧州三菱自動車販売株式会社)パリ支店に勤務。
2002年パリ・ダカールラリーでは総合3位に入賞。

[ 篠塚建次郎コメント ]
「三菱チームでは増岡浩が育った。チームからは管理責任者などへの転進の話もあったが、自分としてはあくまでも現役のドライバーとして新しい可能性を求めて退職の道を選択した。自分の思う人生に向かって挑戦して行きたい。」 。

 


ページの終わりです
ページの先頭へ戻る