ページの先頭です

ホーム > 企業情報・投資家情報 > プレスリリース > 企業

企業



2002年03月04日
三菱自動車カープラザ店25周年キャンペーン
『ミラージュ ディンゴ』と「テディベア 」がタイアップ

三菱自動車は、「テディベア」*1などのぬいぐるみメーカーとして知られるシュタイフ社(ドイツ)*2と、 その日本における販売総合代理店である株式会社タカラを通じてタイアップし、『ミラージュ ディンゴ・シュタイフ テディベア エディション(MIRAGE Dingo Steiff Teddy Bear Edition)』を製作。
シュタイフ社が「テディベア」生誕100周年を記念して開催するイベントに参考出品するほか、 三菱自動車カープラザ店*3の25周年を記念した特別仕様車として発売する予定です。

今回のタイアップは、それぞれ記念すべき年を迎える三菱自動車とシュタイフ社の間で、"永く愛される本物のモノづくり"という理念が一致したことから実現。 三菱自動車の車種の中では特に女性に人気のあるカープラザ店専売車種『ミラージュ ディンゴ』をベースに、「テディベア」の魅力を随所に表現しています。

『ミラージュ ディンゴ・シュタイフ テディベア エディション』は、

  • ボディカラーをフォレスターグリーンとし、内装にはウッド調のパネルをあしらうことによって、「テディベア」が暮らしている森をイメージ


  • 「Steiff」マーク入りのスピードメーターを採用したほか、 内装各部に「テディベア」をあしらうことによって、お気に入りのテディベアと一緒にドライブできる楽しい空間を演出


  • 左耳をイメージさせる左側ドアミラーには日本限定を意味する白地に赤文字のタッグを、テールゲート左下部には「テディベア」のイラストを配した他、 生誕100周年を記念したテディベア「シュタイフ チャリティ ベア ラブ」を1台につき1体装備して特別感を演出

する等、三菱自動車カープラザ店の25周年及び「テディベア」生誕100周年を記念した魅力的な商品としています。


ミラージュ ディンゴ・シュタイフ テディベア エディション

*1 テディベア ……

シュタイフ社(ドイツ)の製造する代表的な熊のぬいぐるみで、1902年に創設者マルガレーテ・シュタイフの甥リチャードが描いた熊のデザインスケッチをもとに製作。 1903年、ライプチッヒ見本市で「テディベア」の原型とも言えるその熊のぬいぐるみを発売、以降、幾度かのデザイン変更を経て現在の「テディベア」に至ります。
狩猟好きで知られる第26代アメリカ合衆国の大統領セオドア・ルーズベルトの主催する夕食会において、演出のひとつとしてシュタイフ社製の熊のぬいぐるみを展示した際、 「この熊の名前が分からない」という大統領に向かって列席者が「テディのベアさ!」(テディとはセオドアの愛称)といったことから 「テディベア」という名前がつけられたといいます。
一体一体、職人の手づくりで生まれたテディベアは、最終工程で厳しい品質チェックを受け、その基準をクリアした物の左耳には、 トレードマーク「ボタン・イン・イヤー」とシュタイフタッグが取り付けられています。
イエローのタッグは定番商品を、ホワイトのタッグは限定商品を表します。ホワイトタッグに黒文字は、復刻版、レプリカを意味し、 赤文字は地域限定版などに多く用いられるオリジナルを意味します。
『ミラージュ ディンゴ・シュタイフ テディベア エディション』は、左耳の代わりに左ドアミラーに、赤文字のホワイトのタッグが付けられています。

*2 シュタイフ社(ドイツ)……

マルガレーテ・シュタイフ(1847~1909年)が1877年、「フエルト・メール・オーダー・カンパニー」を開業し、自ら裁縫した衣類の製造販売を開始。 1880年、「シュタイフ社」創立、世界最古のぬいぐるみメーカーとして「テディベア」をはじめ、様々なぬいぐるみを製造販売。 1906年、「有限会社マルガレーテ・シュタイフ」に社名変更。良質素材へのこだわりと職人によるハンドメイドで、世界中で評価の高い老舗ブランドです。
日本では、1996年に株式会社タカラの直営する専門店「シュタイフショップ」(東京都中央区銀座 7-2-4 ムサシ7ビル1F)のオープンや、 シュタイフ社公認のファンクラブ「シュタイフクラブジャパン」の発足など、ここ数年でテディベアブームが高まっています。

*3 カープラザ店 ……

1978年3月、初代『ミラージュ』の投入を機に全国109社、174拠点で立ち上がり、その後、『RVR』、『チャレンジャー』、『ミラージュ ディンゴ』等、 若者向けの車種を中心とした展開で、2001年9月末時点では116社、370拠点まで成長、主に女性やエントリー層からご支持頂いています。
今回、2003年3月に25周年を迎えるにあたって、2002年4月からシュタイフ社とのタイアップキャンペーンを展開する予定で、 魅力あるお店づくりで店頭販売力が高いカープラザ店の特色を生かしながら、「テディベア」が持つ"親しみやすさ"や"暖かさ"というイメージによって、 さらにどなたでも気軽にお立ち寄り頂ける、親しみやすいお店づくりを目指します。

以上


ページの終わりです
ページの先頭へ戻る