ページの先頭です

ホーム > 企業情報・投資家情報 > プレスリリース > 企業

企業



2007年4月3日
日産自動車株式会社
三菱自動車工業株式会社
 
日産自動車と三菱自動車、OEM供給を拡大

日産自動車株式会社(本社:東京都中央区銀座 社長:カルロス ゴーン)と三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区芝 社長:益子 修)は、新たな協業事業として、OEM供給の車種を拡大することで合意した。

本合意により、三菱自動車は2007年5月より、軽乗用車『タウンボックス』を年間平均4千台、日産自動車に供給。日産自動車は2008年秋より、小型商用車『AD/ADエキスパート』を年3千台、三菱自動車に供給する。

三菱自動車はこれまで、日産自動車に対し、軽商用車『クリッパー』(三菱自動車名『Minicab(ミニキャブ)』)、軽乗用車『オッティ』(三菱自動車名『eKワゴン』)の2車種を供給しているが、日産自動車から三菱自動車へのOEM供給は初めてとなる。

本合意により両社は、量産効果が高まることによる生産性向上と、お客様のニーズに合った商品ラインアップの拡充を図る。

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る