ページの先頭です

ホーム > ニュース・イベント > プレスリリース > モーターショー

モーターショー



2015年08月31日
2015年フランクフルトモーターショー出品概要
三菱自動車は、2015年9月15日(火)から[一般公開は17日(木)から]27日(日)まで、ドイツ・フランクフルト市の見本市会場(Messegelaende Frankfurt)で開催される第66回IAA 2015(66th Internationale Automobil Ausstellung、通称フランクフルトモーターショー)に、9月より欧州で販売を予定している新型『アウトランダーPHEV』を欧州初披露するほか、『アウトランダーPHEV』の「バハ・ポルタレグレ500」*1参戦車やその他市販車を含め、合計15台(プレスデー13台)出品します。
また、新型『アウトランダーPHEV』から住宅への電力供給をイメージした展示を行うほか、8月から欧州仕様の『パジェロ』に搭載しているAndroid Auto™*2、Apple CarPlay*3に対応したスマートフォン連携ディスプレイオーディオを展示します。
 
新型『アウトランダーPHEV』は、三菱自動車の新しいフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」のもと、フロントデザインを一新したほか、インテリアの質感向上、さらにボディやシャシー、パワートレインなどにも改良を施すことによって、静粛性、加速性、操縦安定性、乗り心地、環境性能など、走りの性能や質感についても、大幅なレベルアップを図りました。
また、新型『アウトランダーPHEV』は、停まっていても価値のある車の新しい使い方として、住宅へ電力を供給する機能を有したプラグインハイブリッド車です。
 
『アウトランダーPHEV』は、世界初の4WD SUVプラグインハイブリッド車として、2013年1月に日本で発売を開始。その後、ヨーロッパなど計48ケ国に輸出し、累計で約7万台(2015年7月末時点)を販売した世界で最も売れているプラグインハイブリッド車です。
前後に独立したツインモーターと、ガソリン消費やCO2排出がゼロになるEV走行を可能とする大容量バッテリーを床下に配置した、先進の「プラグインハイブリッドEVシステム」を搭載。ツインモーターによる滑らかな加速、EV走行による優れた経済性や静粛性の高さなど、これまでのSUVにはない優れた特長を併せ持ったプレミアムSUVです。
 
*1 10月22日(木)~24日(土)、ポルトガル東部のポルタレグレ県で開催されるクロスカントリーラリー。
*2 Android Autoは、Google Inc.の商標または登録商標です。
*3 Apple CarPlayは、米国及びその他の国で登録されたApple Inc.の商標です。
 
アウトランダーPHEV
 
1.新型『アウトランダーPHEV』の主な改良点
(1)エクステリアデザイン
  • 一新したフロントフェイスは、三菱自動車の新しいフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」のもとデザインしました。パワー・パフォーマンスを表現するセンターのブラック部を左右から包み込むバンパーサイドの造形により、人とクルマを守る機能をダイナミックで力強い形として表現しました。
  • デイタイムランニングランプを搭載したLEDヘッドライト、導光タイプLEDリヤコンビランプを採用することにより、先進的なイメージを演出しました。
  • バンパー下部にスキッドプレート形状を採用することにより、SUVらしい力強さと安定感を表現しました。
  • 専用形状のバンパーエクステンションやサイドガーニッシュなど各所を車体色と同色に統一することで、一体感のある上質でスポーティなエクステリアデザインを演出しました。
  • 高級でスポーティな『アウトランダーPHEV』専用新デザインの18インチアルミホイール(2トーン切削光輝タイプ)を採用しました。
(2)インテリアデザイン
  • 上質でラグジュアリーな空間を演出したプレミアム感のあるインテリアとしました。
  • シートの表皮デザインや素材を変更すると共に、既存のスポーティなブラック本革内装に加え、ラグジュアリーなブラウンの本革内装を新たに採用。シートは、立体感のあるシートパッド、乗員の身体に沿うようなトリムラインを採用することで、優れたフィット感を実現。また、アクセントとなるステッチをシートやドアトリムに配したほか、シートだけでなく、ドアトリムインサートにもパッドを追加しました。
  • ステアリングホイールには、新デザインの4本スポークタイプを採用。握り心地が良く上質なスムースレザーを採用し、シルバーのスイッチ部にクロームメッキ加飾を施しました。
  • メーターフードにステッチを追加したほか、「漆箱」をモチーフとした、日本の工芸品のような端正な美しさを追求した新デザインの大型センターコンソールや、ブラックストリーム柄の加飾や光輝アクセントを施したインパネ&ドアトリムオーナメントパネルなどを採用しました。
(3)静粛性のさらなる向上
  • 吸音材や遮音材、制振材やダイナミックダンパーの追加など30点以上の改良を施すことで、エンジン音、ロードノイズ、風切り音を大幅に低減。走行時、停車時の遮音性を向上させ、快適なキャビンを実現しました。
  • ドアシールの構造を改良することでドアのしまり音を改良。質感の向上と、車両に対する安心感の向上を演出しました。
(4)加速性能の向上
  • プラグインハイブリッドEVシステムの制御を見直し、市街地における発進時や走行時の加速性能やレスポンスを高めました。
(5)操縦安定性と乗り心地の向上
  • フロントサスペンションクロスメンバーやボディ剛性を大幅に向上させることで、走行安定性と操舵応答性を向上させました。
  • リヤサスペンションクロスメンバーを補強し、走行安定性の向上とタイヤから伝わる振動やノイズを低減させました。
  • フロントストラットやリヤショックアブソーバーの容量を拡大し、リヤスタビライザーを大径化するなどにより、旋回性と乗り心地を高い次元で両立させています。
(6)環境性能の改善
  • プラグインハイブリッドEVシステムの制御の最適化やエンジンのフリクション低減により、CO2排出量を44g/kmから42g/km(EU走行モード[NEDC*4])に削減し、クラストップレベルの優れた環境性能としました。
  • *4 New European Driving Cycleの略。
(7)安全性能
  • 事故の危険性を検知し、衝突予防・回避・軽減して安全運転をサポートする先進予防安全技術に加えて、ペダルの踏み間違いなどで、誤発進(前進・後退)した際に、進行方向に車両や障害物があると、発進を抑制し衝突被害を軽減する「誤発進抑制機能(前進&後退時)」をメーカーオプションで設定しました。
  • クルマを真上から見ているかのような映像により、周囲の状況を知ることで、駐車等の運転を補助する「マルチアラウンドモニター(バードアイビュー機能付)」を上級グレードに採用しました。
 
2.『アウトランダーPHEV』の相互電力供給
日本では既に実現しているV2H*5を利用した電動車両と住宅との相互電力供給を、欧州においてもプラグインハイブリッド車である新型『アウトランダーPHEV』で展開していきます*6
V2Hを展開することにより、新型『アウトランダーPHEV』は走るだけでなく、停まっている時の価値として、車両に蓄えた電気を住宅へ供給することができ、さらに家庭での使用エネルギーを管理するシステム(HEMS)と連携することで、無駄な電気の使用を抑え、電気を効率よく使用できます。
また、太陽光発電などの自然エネルギー発電と組み合わせることで、環境に優しい電気を有効に家庭で利用することができます。
*5 Vehicle to Homeの略。
*6 利用にあたってはV2H機器が必要となります。また、利用可能なV2H機器については別途確認が必要となります。
 
3.出品車一覧
車種
展示台数
備考
プレスデー
一般公開日
新型アウトランダーPHEV
6台
6台
欧州初披露
新型アウトランダーPHEV
バハ・ポルタレグレ500参戦車
1台
1台
欧州初披露
新型アウトランダー
2台
1台
 
L200(ダブルキャブ)
1台
1台
タイ名:トライトン
i-MiEV
1台
1台
 
スペーススター
-
1台
日本名:ミラージュ
パジェロ
1台
1台
スペイン名:Montero(モンテロ)
イギリス名:Shogun(ショーグン)
ASX
1台
2台
日本名:RVR
ランサースポーツバック
-
1台
日本名:ギャランフォルティス スポーツバック
合計
13台
15台
 
 
なお、三菱自動車のフランクフルトモーターショーに関する様々な情報を発信していくスペシャルサイトを開設しています。
<日本語>
<英語>

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る