ページの先頭です

ホーム > ニュース・イベント > プレスリリース > 企業

企業



2015年07月10日
三菱自動車工業株式会社
三菱商事株式会社
 
日仏共同で蓄電システムの実証プロジェクトを開始
~電動車両の使用済みリチウムイオンバッテリーを再利用~
三菱自動車工業株式会社(以下三菱自動車)と三菱商事株式会社(以下三菱商事)は、フランス電力公社(以下EDF)、EDFが出資する蓄電システム製造会社Forsee Power社(以下Forsee)、PSAプジョー・シトロエン社(以下PSA)と、電動車両の使用済みリチウムイオンバッテリーを再利用した蓄電システムの実証プロジェクトを5社共同で開始することに合意いたしました。今年9月をめどに、パリ郊外にあるForsee新社屋に、実証プラントを設置いたします。
 
本実証プロジェクトは、電力需要に応じて蓄電・発電・系統電力の運用を最適化することにより、効率的なエネルギーマネジメントと経済性の検証を目的としています。
 
<実証プラントの概要>
 
高圧蓄電システム(330V) 「三菱自動車 iMiEV」、「プジョー iOn」、「シトロエン C-Zero」の使用済みリチウムイオンバッテリーを再利用
低圧蓄電システム(48V) 新品リチウムイオンバッテリーを使用
双方向充放電システム
(V2X=Vehicle to X)
電動車両搭載のリチウムイオンバッテリーを使用
 
電動車両の導入が進む日本やフランスにおいて、使用済みリチウムイオンバッテリーの再利用は、資源の有効活用と持続可能な社会の構築に向けた重要な取組みです。電動車両分野において協業する三菱自動車とPSAの販売実績、蓄電システムの構築で実績のあるForseeの技術力、そして電力事業をグローバルに展開するEDFと三菱商事の知見を合わせ、規模感のある事業モデルの確立を狙います。まずはフランスを中心とした欧州において、使用済みリチウムイオンバッテリーを再利用した蓄電システムの事業化を検討して参ります。
 
<各社の役割及び担当業務>
 
役割および担当業務
EDF
事業モデルの検討
Forsee
プロジェクトマネジメント
システムの構築及び運用
事業モデルの検討
三菱自動車
PSA
使用済みリチウムイオンバッテリーの提供
電動車両(EV、PHEV)の提供
三菱商事
プロジェクトマネジメント
新品リチウムイオンバッテリーの提供
事業モデルの検討

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る