ページの先頭です

ホーム > ニュース・イベント > プレスリリース > 企業

企業



2013年11月25日
ミッドサイズSUV『アウトランダーPHEV』が
2013-2014日本カー・オブ・ザ・イヤー「イノベーション部門賞」を受賞
三菱自動車の「プラグインハイブリッドEVシステム」を搭載するミッドサイズSUV『アウトランダーPHEV』が、日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会が主催する2013-2014日本カー・オブ・ザ・イヤーの「イノベーション部門賞」(環境、安全その他の革新技術を持つクルマ)を受賞しました。
 
日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会から発表の受賞理由は以下の通りです。
 
「プラグインハイブリッドとSUVの利点を巧く融合させ、新しいクルマの使い方が提案されている。燃費はもちろん、走行性能も高いレベルで両立。EVでありながら、レンジエクステンダーとしてEVのデメリットを解消。大容量電力アウトプットができ、自ら充電もできる点は秀逸。」
 
三菱自動車では、持続可能なクルマ社会の実現に向け、EV、PHEVといった電動車両を今後も積極的に投入し、電動車両技術のリーディングカンパニーを目指しながら、グローバルでのCO2排出量の削減により地球環境保全に貢献していきます。
 
『アウトランダーPHEV』
『アウトランダーPHEV』
「プラグインハイブリッドEVシステム」
「プラグインハイブリッドEVシステム」

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る