ページの先頭です

ホーム > ニュース・イベント > プレスリリース > 企業

企業



2012年12月19日
軽自動車エンジンのオイル漏れ不具合について
 
当社は本日、当社製軽自動車エンジンのオイル漏れ不具合に関し、対象車の生産期間を拡大する追加リコールを届け出ました。本件不具合に関しましては、平成22年(2010年)11月から平成24年(2012年)3月にかけ、3回にわたりリコールを届け出ており、今回で4回目となります。
 
本日の届出に先立ち当社は、第1回、第2回リコール(第3回は対象車の一部追加のみ)の対象範囲や届出内容などが適正であったか、また、検討プロセスに問題点はなかったかにつき、社内監査部門を中心に検証作業を行って参りました。
 
この結果が報告書としてまとまりましたので、明らかとなりました不適切な点につき、改善施策の着実な実施をお約束するとともに、下記の通りその概要等につきご報告申し上げます。
 
お客様をはじめ関係する皆様に、多大なご心配、ご迷惑をお掛けしますこと、改めてお詫び申し上げます。
 
 
1、届出済みリコール(第1~3回)の概要
(1)不具合の部位(※別添a.「不具合箇所説明図」ご参照)
エンジン(クランクシャフトオイルシール。以下、「オイルシール」)
オイルシールは、金属環に合成ゴムを焼き付けて製造した環状の部品で、エンジンのフロントケースの穴に挿入し、クランクシャフトに密着させて、オイルが外に漏れるのを防ぐ機能があります。 
 
(2)不具合内容及び原因
エンジンのフロントケースに装着しているオイルシールにおいて、フロントケースの加工ばらつき及び、オイルシール圧入量ばらつき等の複合要因により、当該オイルシールの保持力が低下しているものがあります。そのため、当該オイルシールが抜け出しエンジンオイルが漏れ、油圧警告灯が点灯し、そのままの状態で使用を続けると、エンジン内部部品が焼付き、走行不能となるおそれがあります。
 
(3)対象車種(9車種)
ミニカ、eK-WAGON、eK-SPORT、eK-CLASSY、eK-ACTIVE、ミニキャブ、
タウンボックス、オッティ※、クリッパー※(※はOEM車)
 
(4)対象台数等一覧(※いずれも届出時、詳細は別添b.「届出一覧表」ご参照)
 
届出日
対象台数
不具合件数※
事故
第1回
平成22年(2010年)11月11日
247,663台
974件
なし
第2回
平成24年(2012年)1月26日
299,320台
112件
なし
第3回
平成24年(2012年)3月6日
196台
(一部追加のみ)
1件
なし
第4回
(ご参考)
平成24年(2012年)12月19日
1,216,466台
10件
なし
 
 
累計1,763,645台
 
 
※不具合件数は、品質情報連絡書に基づく。
 
(5)対象車の生産時期及び、設計変更の経緯
※別添c.「第1回~第3回リコールと対象車の生産期間」ご参照
 
2、報告書の概要
(1)調査の経緯、目的
本件不具合に関して当社は、第1回、第2回リコールにおいて市場措置検討に長期を要したことを反省し、そのプロセスに問題がないか等につき社内調査を進めていました。その後、平成23年(2011年)10月及び、平成24年(2012年)2月に当社社員より問題点を指摘する通報が行われたため、2012年3月、外部の弁護士による調査委員会を設置し、関係者へのヒアリングや資料の分析による検証にあたって参りました。
 
(2)第1回及び、第2回リコールの内容と問題点
主な問題点として、以下の四点が明らかとなりました。
a.第1回リコール届出以前に、措置不要とした判断
当時、措置不要と判断した根拠として、「事故、怪我、火災はなく安全上問題がないこと」、「不具合は今後も発生する可能性はあるが、徐々に収束傾向にあること」、「オイル漏れは徐々であること」、「油圧警告灯が点灯しユーザーが不具合発生を予見可能であること」、を挙げています。しかし、いずれも論拠が明確でない上、不具合の発生件数から見ても、判断として不適切かつ妥当性に欠けており、お客様の安全を最優先とする慎重な配慮が不足していました。
 
b.第1回リコール対象車の生産期間を限定した際の判断
第1回リコールでは、フロントケース製造時の加工設定変更により、当該生産期間において、オイルシール挿入穴の面仕上げ精度が上がり滑らかになったことで、オイルシールが抜け易くなっているとし、対象車の生産期間限定の根拠として挙げていました。
しかし、第2回リコールでは複合要因の一部との位置づけに変わり、対象範囲が前後の生産期間に拡大する結果となった上、面仕上げ精度に着目するに至る経緯も不明確でした。よって、当時原因究明が進んでいなかったとは言え、十分な検討を経たとはいえず、期間限定の理由には不適切な点がありました。
 
c.国土交通省への報告・説明内容
国土交通省への報告・説明において、技術的な明確さ、正確さや客観性に欠ける資料を提出したり、不正確な認識に基づき提出資料と異なった回答を口頭で行ったりしていた事実が見つかりました。
 
d.市場措置に対する姿勢
本件不具合につき市場措置が必要との当社の判断は、国土交通省の指摘に促されてなされた面が強いことは否定できず、受動的かつ消極的な姿勢であり不適切でした。
 
(3)追加の市場措置の要否判断について
当社は本件不具合に関し、平成13年(2001年)7月~平成18年(2006年)4月生産車を対象に、第1回から第3回までのリコールを届け出ております。これら対象車の生産期間についての判断は、一定の合理性はあると平成24年(2012年)6月末時点で調査委員会は結論付けていますが、第2回リコール届出後の不具合発生状況などを踏まえ、調査・検討を行った結果、本日、第4回リコールを届け出ています。
 
(4)調査委員会による「社内の検討過程(検討体制)の問題点と評価及び提言」
以下の点につきご指摘を受けましたので、当社としては重く受け止め、改善施策を講ずることと致します。
a.なぜこのように時間がかかったのか
b.原因究明における開発部門の関与の低さ
c.判断基準・手法が共有化されていないこと
d.各種会議体における責任主体の不明瞭さ
e.市場措置判断プロセスの不透明さ
f.情報の利用方法
g.顧客目線に基づく検証の欠如
 
(5)改善施策について(実施済みを含む)
a. 市場措置検討プロセスにおける会議体での審議迅速化へ、期間・回数を限定するなどの新たな促進策を導入する。
b. 不具合原因の調査能力強化へ、開発部門に「車両品質統括部」を設置する。
c. 主体的な方針決定の前提となる判断基準・手法の明確化のため「品質改革統括室」を設置する。
d. 審議過程における各種判断の責任部門(責任者)を明確化する。
e. 品質会議体で市場措置につき、方向付けした後の方針変更プロセスをルール化し透明性を高める。
f. 保証修理情報など、品質情報連絡書だけでなく、より広範囲な市場不具合情報を活用する。
g. 審議におけるお客様視点の強化へ、委員構成の多様化や任期を設定する。
h. 国土交通省への報告・説明を正確かつ客観性の高いものとするとともに、市場措置関連業務に関する統制を強化する。
 
3、第4回リコールの概要
(1)届出に至るまでの経緯
平成8年(1996年)1月~平成16年(2004年)10月生産車に関し、第2回リコール届出以降、品質情報連絡書や保証修理情報で不具合が新たに散見されたことから、販売会社への聞き取りも含めた詳細調査を実施し、その結果、生産時と異なる材質の補修用オイルシールに交換された車両でオイルシールが抜け出していること、当該オイルシールに交換された車両が相当数存在することが判明し、また、調査過程の平成24年(2012年)6月11日にはエンストも発生しました。
以上のことから、当該オイルシールが相当数出荷されていると推定される抜けクレーム発生率の高い期間において、今後も交換された当該オイルシールが抜け出す不具合が継続して発生するおそれがあること、また、不具合が発生した場合、エンジンオイルが漏れ、油圧警告灯が点灯し、そのままの状態で使用を続けると、エンジン内部部品が焼付き、走行不能となるおそれがあることから、対象車両を追加するリコールを行なうこととしました。
 
(2)不具合発生の状況
10件(国内のみ)
 
(3)改善処置の内容
全車両、当該オイルシール取付部を点検し、車両生産時と異なる材質の補修用オイルシールに交換されたものにつき、以下の改修を実施します。
a.オイル漏れがない場合
フロントケースにオイルシール抜け止め用プレートを装着します。
b.オイル漏れがある場合
オイルシールを新品に交換するとともにフロントケースに抜け止め用プレートを装着します。
 
(4)対象車の範囲
ミニカ、トッポBJ、eK-WAGON、eK-SPORT、eK-CLASSY、eK-ACTIVE、ミニキャブ、タウンボックスの8車種で、平成8年(1996年)1月20日~平成16年(2004年)10月15日までに生産された車両であり、かつフロントケースのオイルシール挿入穴深さがこれまでのリコールと同一の車両のうち、生産時のオイルシールから異なる材質の補修用オイルシールに交換された車両につき改修を行います。ただし、補修用オイルシールに交換された車両の特定ができないため、全車両1,216,466台を点検の上、対象車を限定し、改修を実施します。
 
4、添付資料
a.不具合箇所説明図
b.リコール届出一覧(第1回~第4回)
c.第1回~第3回リコールと対象車の生産期間

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る