ページの先頭です

ホーム > ニュース・イベント > プレスリリース > 企業

企業



2011年11月22日
株式会社オアシスソリューション
株式会社サイトレック
三菱自動車工業株式会社
 
日本初!マンション向け電気自動車専用カーシェアリングシステムを開発
株式会社オアシスソリューション(本社:東京都渋谷区、代表取締役:関谷 有三)、株式会社サイトレック(本社:東京都世田谷区、代表取締役:茂呂沢 正仁)、三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区 取締役社長:益子 修)は日本初のマンション向け電気自動車(以下EV)専用カーシェアリングシステムを共同開発し、1月中旬より「MiEV SHARE SYSTEM」(仮称)として株式会社オアシスソリューションが販売を開始する。
カーシェアリング市場は現在大きく拡大しており、今後更なる成長が見込める市場である。この「MiEV SHARE SYSTEM」(仮称)は、マンション向け、かつEV専門のシステムに特化している点で従来のシステムとは異なり、3社は本システムを通じてカーシェアリング及びEVの普及拡大を目指す。
 
1.システムの概要
マンション敷地内にカーシェアの貸し出しステーションを設け、マンション居住者のユーザーはパソコンや携帯電話などの端末を通じてインターネット経由で利用日時をリアルタイムに予約することができる。
車両貸出しに際しては、予約管理されたキーボックスから鍵を取り出し、使用後にキーボックスに返却するシステムを採用した。これにより従来の車載機型システムでは不可能であった車以外のバイクや自転車など複数のシェアリングサービスへの拡張性を備えており、居住者の幅広いニーズも対応する事ができる。
 
2.システムの新規性及び特徴
本システムの一番の特徴は従来にはないEVに特化した予約管理機能を低価格で構築した点にある。
ガソリン車用システムをEVにも流用したケースはあるが、本システムではカーシェアリングの予約の段階から充電時間を考慮した利用や、車両返却時に充電がなされなければ警告されるようなEVならではの課題にも対応している。
本システムを用いることで、EVの個人所有に抵抗感があるという消費者に対しても、共同利用という新しいライフスタイルを通じてEVの利用を提案する事ができる。
 
3.マンション向けEVカーシェアリングのメリット
従来のカーシェアリング利用者の声として、自宅から貸出しステーションまでの距離が遠く、利用に不便を感じるといった声が多くあげられるが、本システムはマンションの敷地内に貸出しステーションを設けることが可能となることから、居住者の利便性向上が図られ、よりカーシェアリングを身近にする事ができる。
また、一般的なカーシェアリングの利用モデルは、従来のレンタカーと比較して近距離、短時間の利用が想定されており、EVはカーシェアリングにより適したものであると言える。
震災の影響もあり、マンションにおける災害時の非常電源の備えが求められているが、三菱自動車の新世代電気自動車「i-MiEV(アイ・ミーブ)」の蓄電池(16kWh*)には一般家庭の1日~1.5日分の電力を蓄える事ができるので、カーシェアリングの利用だけでなく、災害時に非常用電源としての利用も期待されている。
(*Gグレードの場合)
 
尚、本製品については2011年東京モーターショーの三菱自動車ブースにて12月1日より展示する予定です。
 
【オアシスソリューション社について(HP:http://www.oasys-inc.jp/)】
オアシスソリューション社はマンション向けに環境ソリューション事業を行っている会社である。全国80社以上のマンション管理会社と提携しており、1,500棟以上のマンションに実績を持つ。そのネットワークを活かしてカーシェアリング事業を展開していく。
 
【サイトレック社について】
(株)サイトレックは、IT関連に於けるコンサルティング及びアンケート代行管理業務や不動産業者向けホームページ管理等のクラウドサービスを主に提供している。
また今回の様なソリューション開発も手がけ、今後もお客様のニーズにあった、より質の高いサービスを幅広く提供していく。

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る