ページの先頭です

ホーム > ニュース・イベント > プレスリリース > 企業

企業



2010年01月26日
三菱自動車、さいたま市と電気自動車の普及に関する協定「E-KIZUNA Project」を締結
~EV青色防犯パトロールカー10台を納車~
三菱自動車は1月26日、さいたま市が進める「E-KIZUNA Project」*1を共同で推進していくことに合意するとともに、さいたま市に新世代電気自動車『i-MiEV(アイ・ミーブ)』を10台納車したと発表した。さいたま市に電気自動車が納車されるのは、今回が初めて。

三菱自動車が本日納車した『i-MiEV』10台は、さいたま市の全区に「青色防犯パトロールカー」として使用される。

また、本合意に基づき、両者は今後以下の項目について検討・協業していく。

 

1. 重点連携項目

 

EVに関連する新しいビジネスモデルの検討
  • EVによって生み出される新しいビジネス
  • 自動車が使用されている既存ビジネスでのEVの活用
2. 連携項目

 

(1) 充電セーフティネットの構築
  • 誰でも使える充電設備を市内に整備
  • ITS(ナビ等の車載機器など)を活用した情報収集の検討
  • 充電設備の改善等に関する検討
(2) 需要創出とインセンティブの付与
  • タクシーや営業車両へのEV導入促進
  • EVを活用したカーシェアリング推進の検討
  • 公用車のEV化(H21年度 国内最大規模*2の10台)
(3) 地域密着型の啓発活動
  • EV試乗会の開催
  • パンフレット等啓発物の作成・配付
  • 小中学校でのEV教室

さいたま市のEV青色防犯パトロールカー

『i-MiEV』による青色防犯パトロール出発式

三菱自動車は、2009年7月に『i-MiEV』の販売を開始し、既に1,100台の納車を終えている。2010年4月からは、個人向け販売も開始し、自治体や個人にEVの普及を推進することで、持続可能な低炭素社会の構築に寄与していきたいと考えている。

 

*1  さいたま市が"持続可能な低炭素社会"の実現に向けて、市民・事業者・行政と連携のうえ、(1)充電セーフティネットの構築(安心感)、(2)需要創出とインセンティブの付与(満足感)、(3)地域密着型の啓発活動(親近感)を基本的な方針に、EV普及拡大の課題解決に取り組むプロジェクト。
*2  市役所向け納車実績より

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る