MITSUBISHI MOTORS

RALLI ART

Daily Report
2009年ダカールラリー
7月16日(水)

2009年ダカールラリー制覇を目的とした新型競技車
『レーシング ランサー』を開発
高解像度の画像はこちら

 三菱自動車は、アフリカ大陸から南米大陸に舞台を移して新たな局面を迎える2009年ダカールラリーの制覇を目的として、新型競技車『レーシング ランサー』を開発した。同社では、ダカールラリーを『パジェロ』の車種PRの場としてだけでなく、エンジンや4WDシステムなどの技術開発の場として位 置づけ1983年から25大会連続で参戦し続けてきたが、今後、当面のクロスカントリーラリー活動ではディーゼルエンジンの技術開発に主眼を置くことから、欧米をはじめとする世界戦略車でありディーゼルエンジン搭載車でもある『ランサー』(日本名『ギャラン フォルティス』)に、その役割を引き継ぐこととした。ダカールラリーなどのクロスカントリーラリーを通 じて培われるディーゼル技術のノウハウは、今後、市販車に搭載する新世代クリーンディーゼルエンジンなどにフィードバックしていく。また、同様に培われた4WD技術のノウハウもこれまでと同じく、市販車に採用している様々な方式の4WDシステムに、それぞれ最適化を図ったうえで取り入れていくこととなる。
三菱自動車では、新たな企業コミュニケーションワード『Drive@earth』のもと、"地球を走る、地球と生きる"をテーマに、地球環境を配慮しながら、地球上のさまざまな地域のお客様に走る歓びを提供することを目指している。チーム・レプソル三菱ラリーアートも、そのクルマづくりの一部として、従来以上に重要な役割を担っていく。

『レーシング ランサー』は、FIAグループT1(改造クロスカントリーラリーカー)規定に則り2010年より施行される予定の新しいレギュレーションにも対応して開発したスーパープロダクション仕様のクロスカントリーラリーカーで、これまで通算12勝を挙げてきた『パジェロ』『パジェロ エボリューション』で培ったノウハウも随所に注ぎ込んで製作。CAE解析を駆使してパイプの配置及び径を最適化した新設計のスチール製マルチチューブラーフレームに、今季、ダカールシリーズやFIAクロスカントリーラリー・ワールドカップなどの実戦を通じて熟成を図っている3.0L V6ディーゼルターボエンジンを搭載し、今夏以降、欧州各国で順次発売する『ランサー スポーツバック』をモチーフとしたカーボン製ボディパネルをまとう。尚、4WDシステム、駆動系、サスペンション、ブレーキなどは、新規則及びディーゼルターボエンジンの特性に合わせた改良を施して採用する予定である。

■主要諸元(暫定)
全長
4475 mm
全幅
1990 mm
ホイールベース
2900 mm
トレッド(前/後)
1750 mm/1750 mm
エンジンタイプ
V型6気筒ディーゼルターボ
排気量
2.997L
最高出力
190kW(260PS)以上
最大トルク
650Nm(66.3kgfm)以上
変速機
リカルド社製5速シーケンシャルマニュアル
駆動方式
差動制限装置付センターデフ式フルタイム4WD


SUPPORTED BY
REPSOL Valeo BFGoodrich
TOP
MOTOR SPORTS