商品・技術/電動化技術の開発

クルマに求められる環境配慮には、「環境汚染防止」や「地球温暖化防止」、そして近年では「脱石油」という観点からの「エネルギー多様化」などが挙げられます。当社は、従来エンジン車の燃費向上やクリーンディーゼル車の開発など、様々な取り組みを推進しています。

その中でも、当社は「MiEV ※1」シリーズに採用されている電動化技術をこれらの環境配慮における当社のコア技術として位置付け、重点的に開発を進めています。

当社は、電動化技術を採用した電気自動車やプラグインハイブリッド車の開発・普及を通じて地球環境の保全に貢献したいと考えます。

商品・技術/電動化技術の開発

電気自動車『i-MiEV』

電気自動車『i-MiEV』は、電気とモーターで走行するため、走行中にCO2などの排出ガスを一切出さないクルマです。当社は、世界で初めて量産型の電気自動車として『i-MiEV』を2009年に市場投入しました。

『i-MiEV』は、その高い環境性能だけでなく、発進から最大トルクを発生させる「加速性能」、モーター走行による「静粛性」、バッテリーの床下搭載による「安定性」など、従来のガソリン車よりも高いパフォーマンスに、お客様から高い評価をいただいています。

電気自動車『i-MiEV』

電気自動車『i-MiEV』

プラグインハイブリッド車『アウトランダーPHEV』

プラグインハイブリッド車は、駆動用バッテリーに充電した電気で走行し、残量が少なくなるとエンジンで発電して走行します。

『アウトランダーPHEV』に搭載されている電気自動車派生型のプラグインハイブリッドEVシステムは、住宅地や街中などの低・中速走行時には、主に駆動用バッテリーの電力により走行する「EV走行モード」になり、バッテリー残量が低下した場合などには、エンジンで発電しモーターとバッテリーに電力を供給する「シリーズ走行モード」になり、高速走行時には、エンジンの駆動力で走行し、モーターがアシストする「パラレル走行モード」になるといったように、走行状況に合わせて自動的に走行モードを変更する走行システムです。また、電気自動車の技術をベースにしたシステムのため、CO2の排出量が従来のガソリン車と比較して低く、高い環境性能を発揮します。

さらに、エンジンで発電ができるため、電気自動車の弱みである走行距離の心配が無く、電気自動車のメリットである「力強い走行性能」「高い静粛性」「走行安定性」を兼ね備えたクルマです。

プラグインハイブリッド車『アウトランダーPHEV』

プラグインハイブリッド車
『アウトランダーPHEV』

新しいクルマの価値

新しいクルマの価値

大容量のバッテリーにより、レジャー・旅行先における家電製品の利用が可能になり、災害時には非常用電源として利用※2することも可能です。(『アウトランダーPHEV』の場合、エンジン発電※3を含めて最大10日分※4の電力を利用可能です。)

さらに、クルマを家庭の電源系と接続するV2H※5への対応により、エネルギーマネジメントや停電時の予備電源とすることも可能です。

このように電動車は、「止まっていても価値のある」クルマとして、さらに普及しつつあります。

※1 Mitsubishi innovative Electric Vehicleの略称。

※2 ご使用時は、各車両の注意に従い正しくご使用ください。

※3 V2H機器に接続している場合、エンジンによる発電はできません。

※4 一般家庭での一日当たりの電力使用量を約10kWh/日として算出。(V2H機器などの変換効率は含まず)

※5 Vehicle to Homeの略称。