三菱自動車はいつからクルマをつくっているのですか? 三菱自動車はいつからクルマをつくっているのですか?

こたえ

三菱自動車(みつびしじどうしゃ)は1970(ねん)三菱重工業(みつびしじゅうこうぎょう)から()かれてできた、日本(にほん)自動車会社(じどうしゃがいしゃ)(なか)では(わか)会社(かいしゃ)です。
しかし、自動車(じどうしゃ)をつくり(はじ)めたのはとても(ふる)く、1917(ねん)大正(たいしょう)6(ねん))に日本(にほん)(はじ)めての大量生産(たいりょうせいさん)機械(きかい)使(つか)って(おな)(かたち)(おな)(しつ)製品(せいひん)同時(どうじ)大量(たいりょう)につくりだすこと)を「三菱A型(みつびしエーがた)」というクルマではじめました。
また、1932(ねん)昭和(しょうわ)7(ねん))には、「B(ビー)46型乗合自動車(がたのりあいじどうしゃ)」(路線(ろせん)バス)をつくりました。
その()色々(いろいろ)種類(しゅるい)自動車(じどうしゃ)をつくるようになり、現在(げんざい)日本国内(にほんこくない)だけではなく、海外(かいがい)国々(くにぐに)でも販売(はんばい)をする世界的(せかいてき)自動車会社(じどうしゃがいしゃ)となりました。
三菱自動車(みつびしじどうしゃ)(おお)くのレースで(たか)実績(じっせき)(のこ)したラリーカーの(すぐ)れた技術(ぎじゅつ)を、お(みせ)()っている自動車(じどうしゃ)にも()かし、性能(せいのう)()自動車(じどうしゃ)をつくっています。

日本(にほん)最初(さいしょ)大量生産(たいりょうせいさん)された乗用車(じょうようしゃ) 「三菱A型(みつびしエーがた)