1. >
  2. >
  3. 特集 三菱自動車のカーボンニュートラルへの挑戦

特集
三菱自動車のカーボンニュートラルへの挑戦

世界初の量産型電気自動車『i-MiEV』を市場投入してから、世の中の情勢は大きく変わり、当社の電動化技術がカーボンニュートラルを目指す社会に受け入れられていることを実感しています。カーボンニュートラルに共にチャレンジする仲間が増えつつある今、当社として2050年カーボンニュートラルの実現を目指すこととしました。

カーボンニュートラル実現のためには、サプライチェーン全体での取り組み強化が必要であると認識しています。製品においては、当社独自のプラグインハイブリッド車(PHEV)と軽商用EVを起点に、アライアンスの技術を活用しながら、電動化を推進し、各国・地域のエネルギー事情やインフラ整備状況、お客様のニーズに応じた最適な電動車※1を積極的に投入していきます。事業活動においては、エネルギーミニマム化と再生可能エネルギーへの転換を推進し、CO2排出量の削減に取り組みます。サプライチェーン全体においては、原材料・部品の生産段階や製品を含めた物流領域のCO2排出量の低減、再生可能エネルギーや充電インフラの普及、カーボンニュートラル燃料の活用、V2X※2の推進など、取引先や関連企業・団体、政府・自治体と連携していきます。

※1 電動車 : 電気自動車(バッテリーEV)、プラグインハイブリッド車(PHEV)、ハイブリッド自動車(HEV)

※2 V2X:Vehicle to Everything の略称。V2H(Vehicle to Home)やV2G(Vehicle to Grid)などの総称

詳細はこちらをご覧ください。